»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

これだけ知っていれば大丈夫!FX初心者がやるべき8つのこと

FX   

これだけ知っていれば大丈夫!FX初心者がやるべき8つのこと

「FXをはじめたいけど、何をしていいか分からない」

そんな声を、数多く頂きます。

そこで今回は、「FX初心者がやるべき8つのこと」を紹介します。

【目次】

  1. FXとは何か?
  2. FXの基礎知識
  3. FXのレートの見方
  4. 為替相場の変動要因(ファンダメンタルズとテクニカル)
  5. FXを体系的に学べる初心者向けの書籍
  6. 初心者がFXでよくある失敗
  7. FXで勝つためには取引記録をつけよう
  8. 初心者におすすめのFX会社

 

1.FXとは何か?

FXとは何なのでしょうか?

FXとは一言で表すと、「外国為替証拠金取引」の総称です。

こう言われても難しくてよく分かりませんね(笑)

世界中には様々な通貨があります。

ドル・円・ユーロ・ポンドなどなど…。

SONY DSC

これらの通貨を安く買って、高く売る。

その差で利益を狙うのがFXなのです。

fxtoha

 

例えば、ここ実際の米ドル円の場合を考えてみましょう。

fx_sikumi

現在のレートから上がると思えば、買いで入り、実際に円安(レートが上がる)になれば、上の図の差額分が利益になります。

また逆に、現在のレートから下がると思えば、売りで入り、実際に円高(レートが下がる)になれば、上の図の差額分が利益になります。

つまりFXは、円高でも円安でも利益を上げるチャンスがあります!

 

これはとてもすごいことなのです!

株などは基本的に景気がいい時にしか儲けられません。

しかしFXなら景気がいい時でも不景気でも儲けるチャンスは無限にあるのです!

僕がFXを始めた頃は、ちょうど景気が悪い時期だったのであの時FX意外の投資を始めていたら、ノーチャンスでした。

 

2.FXの基礎知識

FXは外貨を取引して、為替変動により利益を狙う金融商品だということが分かりました。

FXには、ほかの金融商品と大きく違う大きな特長が3つあります。

fx_merit

 

1.レバレッジ

レバレッジとはなんなのでしょうか?

レバレッジとは「てこの原理」という意味です。

leverage

FX会社に100万円入金したとしましょう。

FXは自己資金に対して、レバレッジが25倍までかけることができます。

これはどういう意味でしょうか?

この場合、自己資金100万円に対して、レバレッジ25倍をかけると、最大で2,500万円分の外貨を売買することができるのです。

これは住宅ローンに似ています。

下の図を見てください。

leverage2

普通マイホームを買う時は、頭金を準備して、住宅ローンを組みます。

この場合、自己資金1,000万円に対して、5,000万円の不動産を購入しています。
自己資金の5倍のものを購入しているので、この時のレバレッジは5倍です。

もし不動産価格が値上がりすれば、借入資金を返済しても、1,000万円の自己資金に対して売却益が発生します。

このように一時的に借り入れをして、自己資金以上のものを購入することを、「レバレッジをかける」、といいます。

FXはレバレッジのおかげで少ない値動きでも、大きな利益を得ることができます。

 

2.スワップポイント

FXは通貨を取引するので、取引に各国の金利差が反映されます。

みなさん、日本円を銀行に預けていてもそんなに金利ってつきませんよね?

そう、日本は世界の中でも異常な低金利なのです。

つまり、多くの場合日本円を売って外貨を買う取引をすれば、金利がもらうことができます。

この毎日もらうことのできる金利が「スワップポイント」の正体です。

DMMFXの2016年10月28日時点での「スワップポイント」はこちらになります。
swap0001

例えば、ドル円を1万通貨(1ドル=100円の時、1万ドル=100万円相当)購入すると、1日当たり13円の金利がもらえることが分かります。

ゆうちょ銀行の普通預金の金利は2016年10月28日時点で、0.001%です。
これは100万円を1年間預金して、やっと10円の利子が付くレベルです。

それに対し、FXでドル円を1万ドル(100万円相当)購入すると、1日当たり13円の金利です(2016年10月28日時点)
1年間でつく金利は、13円×365日=4745円!!

FXでは、ドル円を同じ100万円相当分の金額を購すると、4745円分のスワップポイントをもらうことができます(この間為替変動リスクがあることにご注意ください)

ゆうちょ銀行に1年間100万円を預けても、10円しか利子がつかないのとは大違いですね!!

このように「スワップポイント」がもらえることもFXの大きな特長の1つです。

 

3.24時間取引可能

FXは通貨を取引するため、世界各国のどこかの市場が開いていれば、取引することが可能です。

よって、株などと違い、24時間取引することができるのです。

そのため、突発的なニュースなどにも次の日を待たずにその場でポジションを決済できますし、24時間常にチャンスがあります。

これもFXの大きな特長の1つでしょう。

 

3.FXのレートの見方

「本日のドル円のレートはは110.05-110.10です」

ドル円の為替レートなどは、このようにTVなどで聞いた事があると思います。

BidとAsk

 

この二つの価格提示の意味は、

価格を提示する側(外為業者)が 「1ドル=110円05銭でドルを買います」
価格を提示する側(外為業者)が 「1ドル=110円10銭でドルを売ります」

という意味です。

この二つの価格を「2wayプライス」と呼んでいます。

 

つまり、二つの価格表示は、
投資家がドルを売るときが「1ドル=110円05銭」
投資家がドルを買うときが「1ドル=110円10銭」
ということになります。

2wayプライスの表示では、左側の数値(買値)を「ビット」、
右側の数値(売値)を「アスク」と呼んでいます。

 

それでは実際に、このレートの場合に1ドルを買ってすぐに1ドルを売った場合はどうなるでしょう?

為替相場が動かない状態でも、1ドル=110円05銭でドルを買って、
1ドル=110円10銭でドルを売るわけですから、5銭分損をすることになります。

この買値(ビット)と売値(アスク)の差を『スプレッド』といいます。

 

そう、スプレッドは投資家にとってコストであり、投資家は最初からスプレッドの分だけ負けているのです。

したがって、スプレッドが安い業者を選ぶことも取引会社を決めるときのポイントとなります。

後半でスプレッドの安いFX会社を紹介しているので、参考にしてくださいね(^^♪

 

4.為替相場の変動要因(ファンダメンタルズとテクニカル)

FX取引をするうえで、為替相場がどのように変動しているかを知る必要があります。

では、その為替相場を動かしている要因とは一体何でしょうか?
大きく分けると次の2つになります。

1.ファンダメンタルズ要因
2.テクニカル要因

つまり、FXで勝つためにはファンダメンタルズ要因とテクニカル要因を掘り下げる必要があります。

それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

1.経済動向で予測する「ファンダメンタルズ分析」

その国の経済動向や、政策金利の方向性から為替相場を分析することを「ファンダメンタルズ分析」といいます。

FXにおいて、「トレンド」といわれる大きく動く相場が生じるのは、金融政策の方向性が大きく変わったときに主に起こります。

日頃から経済ニュースに多く触れるなどして、常に各国の金融政策をチェックします。

確認するべきは、その国の中央銀行が緩和方向(金利引き下げ)なのか、引き締め方向(金利引き上げ)なのか、を主にチェックしましょう。

金利が下がる通貨は、保有する魅力が薄れるので売られやすく、逆に金利が上がる通貨は、保有する魅力が増えるので買われやすくなります。

ファンダメンタル

 

 

2.群集心理を読む「テクニカル分析」

相場動向を表にして示した「チャート」上にて、チャートの動きから為替相場の動向を分析する方法を「テクニカル分析」といいます。

チャートは以下の様な、「ローソク足」というもので構成されます。

candle2

 

このローソク足を並べることにより、相場の動向を予測するのがテクニカル分析です。

trend1

 

チャートは相場動向を表にして示しただけのように見えますが、多くの人間がテクニカルを見て売買をしているため、チャートには人間の群集心理が色濃く反映されています。

「テクニカル分析」はその点に着目した分析方法になります。

 

5.FXを体系的に学べる初心者向けの書籍

今の時代、インターネットでも情報は出回っています。

しかし、書籍のように校閲や編集者の手を介しているものは少ないでしょう。
効率よく、正しい情報をインプットするには、書籍が一番です。

以下に厳選したFX初心者におすすめの書籍を2つ紹介します。
これを読むと、FXの全体像がよく分かるでしょう。

 

厳選!絶対読むべき初心者向けFX本2冊

以下の2冊が、初心者の方におすすめなFX本になります。

・入門者向けおすすめFX本1 超ど素人が極めるFX

FX入門といったら、この本。 体系的にまとまっていて、イラストなども多く読みやすくていいです。

有名FXブロガー「羊飼い」さんの本なので間違いないよね。

超ど素人が極めるFX

超ど素人が極めるFX

posted with amazlet at 17.02.12
羊飼い
翔泳社
売り上げランキング: 2,435

 

・入門者向けおすすめFX本2 東大院生が考えたスマートフォンFX

筆者の本ですが、需給分析や時間帯による値動きの特性などがまとめられています。

50万円を9ヶ月で1000万円にしたトレードテクニック満載。

東大院生が考えたスマートフォンFX
田畑 昇人 扶桑社 売り上げランキング: 197

 

↓↓期間限定書籍プレゼントキャンペーン中↓↓
口座開設でもれなく書籍無料プレゼント!!(約5分で入力完了)
おすすめFX本「東大院生が考えたスマートフォンFX」

DMM FX
「東大院生が考えたスマートフォンFX」をプレゼント中!!【DMM FX】

口座開設のやり方でつまづいた方は、以下のリンクをどうぞ。
▶︎【2016年最新版】FXの口座開設方法と審査基準について

 

6.初心者がFXでよくある失敗

FXを始めたものの、失敗ばかりで最初はうまく利益が出ないはず…。

ここでFX初心者がよく陥りやすい失敗を2つほど取り上げておきます。

1.レバレッジのかけ過ぎ(資金管理)
2.ファンダメンタルズに逆らった取引

 

1.レバレッジのかけ過ぎ(資金管理)

FXはレバレッジがかけられるので、自己資金の何倍もの金額を売買できます。

これは、とても資金効率のいい金融商品です。

しかし、レバレッジは諸刃の剣でもあります。

勝っている間はすごい勢いで自己資金が増えますが、逆に負けのスパイラルにはまると、とてつもない勢いで自己資金が減ります。

初心者の方は、「儲けたい!!」という欲を抑えて、まずはレバレッジを抑えてポジションを持つことを心がけましょう。

 

2.ファンダメンタルズに逆らった取引

FXは各国の通貨を取引しているので、各国の金融政策によって大きな値動きが生じることがあります。

例えば以下の図を見てください。

%e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%8e%e3%83%9f%e3%82%af%e3%82%b9

これはアベノミクスが始まってからのドル円のチャートです。

このように、ファンダメンタルズ要因で大きく動く際には、それに逆らっていると大きく利益を出すことができません。

初心者の方は、このような大きな値動きに対し、「そろそろ反転するはずだ」と安易に逆張りをして資産を減らしてしまいます。

経済ニュースをチェックして、このような為替が動く要因を考えて、方向性に逆らわないことが、FXで生き残っていくコツです。

 

7.FXで勝つためには取引記録をつけよう

さあ、口座開設を完了して、家にIDとパスワードが届きました。
これで実際にFXの取引ができるようになります。

取引をしてみても、始めは勝てないでしょう。
僕も、始めは勝てない1人でした。

初心者の方は疎かにしがちですが、取引を記録をつけることをお勧めします。

そこで、自分の売買の傾向とが分かるはずです。

 

ビジネスでも受験でもそうですが、最初からうまくいくことなんてありません。

FXの取引記録をつけて、徐々に改善していけばいいのです。

 

この「改善する」という作業を怠ると、永遠に負けたままです。

地味なようですが、この「取引記録をつける」ことをすると、トレードが劇的に改善します。

そして、「勝てる▶︎楽しい」という好循環にはいるのです。

 

エジソンはいいました。
”私は失敗したのではない。成功しない方法を見つけたのだ。”

1つ1つ失敗を積み重ね、改善すれば、いつか結果はでるはずです。

 

8.初心者におすすめのFX会社

しかし、実際の取引を行うためには、証券会社に口座開設しなくてはなりません。

スポーツでも一緒ですが、座学をしただけでは稼げるようになりません。
実際に、座学で得た知識を使って、取引して、経験を積んで、初めて勝てるようになるのです。

他の事が出来なくなるくらい練習してプロ野球選手になった人はいますが、野球の勉強だけしてプロ野球選手になった人はいません。

学ぶ事は大切ですが、実践あってこその勉強なのです。

いきなり大きな金額を使って取引をすれば危険がつきまといますが、FXは10万もあれば始められますし、リスクも限定的です。

 

とはいえ、日本にはFX(外国為替)会社が60社ほどあり、どれを選んでいいかわかりませんよね。

しかし問題ありません。僕が厳選した初心者の方におすすめのFX会社を3社紹介しておきます。

上記の点を総合的に考えて、初心者の方におすすめするのは、
以下のFX(外国為替)会社です。

 

初心者におすすめFX会社【DMM.com証券】

DMMFXは取引高、口座数ともに日本屈指の規模で、スプレッドも小さく、低コストでの取引が可能。

僕もこの会社でFXを始めて、大きく稼ぐことができたので、おすすめです(^^♪

さらにいまなら口座開設で僕の書籍もついてきますので、実践→勉強→実践→勉強が稼ぐための最短ルートを実現できます。

↓↓期間限定オリジナルレポート配布中↓↓
口座開設でもれなく書籍無料プレゼント!!(約5分で入力完了)

DMM FX
「東大院生が考えたスマートフォンFX」をプレゼント中!!【DMM FX】

DMMFXの口コミや評判は以下のリンクをどうぞ。
▶︎【2016年度最新版】DMMFXの口コミ・評判まとめ

 

初心者におすすめFX会社【YJFX!】

YJFXは、Yahoo!JAPANグループのFX会社の1つで、大手インターネットグループなので安心できます。

「Cymo」というスマホアプリがとても使いやすく、スマホからの取引におすすめです!!

↓↓期間限定キャッシュバックキャンペーン(約5分で入力完了)↓↓
YJFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】
外貨預金よりも安い手数料!!外国為替証拠金取引【外貨ex】

YJFXの口コミや評判は以下のリンクをどうぞ。
▶︎【2016年度最新版】YJFXの口コミ・評判まとめ

 

初心者におすすめFX会社【GMOクリック証券】

GMOクリック証券は、大手インターネット会社GMOグループの1つです。

はっちゅう君などアプリも使いやすく、低コストで取引可能で、初心者におすすめです。

GMOクリック証券
GMOクリック証券のFXネオ

GMOクリック証券の口コミや評判は以下のリンクをどうぞ。
▶︎【2017年度最新版】GMOクリック証券FXネオの口コミ・評判まとめ

FXの口座を1つしか持っていないと、もしサーバーがダウンした際に、ほかのFX口座でリスクヘッジしたりなどができません。
FX会社は、リスク分散のためにも複数持っておいた方がいいです。

まずはこの3社の口座開設をして、実際にFX取引をやってみましょう。

口座開設のやり方でつまづいた方は、以下のリンクをどうぞ。
▶︎【2016年最新版】FXの口座開設方法と審査基準について

 

【番外編】Twitterを始める

Twitterには、有益な情報を発信している投資アカウントがたくさんあります。

実際の売買を呟いているアカウントも多くありますし、リアルタイムで勉強できる最高の教材です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加