FXベストセラー著者が語る【FX初心者がやるべき10つの事】

FXベストセラー著者が語る【FX初心者がやるべき10つの事】

「FXをはじめたいけど、何をしていいか分からない」

そんな声を、数多く頂きます。

FXの書籍を出版し10万部以上売れた「田畑昇人」が監修し、情報をまとめました。

FX初心者も、この記事を読めば基礎から学ぶことができます!

1.FXとは何か?

FXとは何なのでしょうか?

FXとは一言で表すと、「外国為替証拠金取引」の総称です。

こう言われても難しくてよく分かりませんね(笑)

世界中には様々な通貨があります。ドル・円・ユーロ・ポンドなどなど…。

これらの通貨を安く買って、高く売る。

その差で利益を狙うのがFXなのです。

fxtoha

 

例えば、ここ実際の米ドル円の場合を考えてみましょう。

fx_sikumi

現在のレートから上がると思えば、買いで入り、実際に円安(レートが上がる)になれば、上の図の差額分が利益になります。

また逆に、現在のレートから下がると思えば、売りで入り、実際に円高(レートが下がる)になれば、上の図の差額分が利益になります。

つまりFXは、円高でも円安でも利益を上げるチャンスがあります!

株式投資は基本的に景気がいい時に利益をあげるのに対し、FXは常にチャンスがあるといっていいでしょう。

 

2.FXの基礎知識

FXは外貨を取引して、為替変動により利益を狙う金融商品だということが分かりました。

FXには、ほかの金融商品と大きく違う大きな特長が3つあります。

fx_merit

1.レバレッジ

レバレッジとはなんなのでしょうか?

レバレッジとは「てこの原理」という意味です。

FX会社に100万円入金したとしましょう。

FXは自己資金に対して、レバレッジが25倍までかけることができます。

これはどういう意味でしょうか?

この場合、自己資金100万円に対して、レバレッジ25倍をかけると、最大で2,500万円分の外貨を売買することができるのです。

これは住宅ローンに似ています。

下の図を見てください。

leverage2

普通マイホームを買う時は、頭金を準備して、住宅ローンを組みます。

この場合、自己資金1,000万円に対して、5,000万円の不動産を購入しています。
自己資金の5倍のものを購入しているので、この時のレバレッジは5倍です。

このように一時的に借り入れをして、自己資金以上のものを購入することを、「レバレッジをかける」、といいます。

FXは、数ある金融商品の中でも、トップクラスのレバレッジを25倍までかけることができるので、大きなリターンが期待できる可能性があります。

【参考記事】→レバレッジとは?

2.スワップポイント

FXは通貨を取引するので、取引に各国の金利差が反映されます。

つまり、現在歴史的な低金利である日本円を売って外貨を買う取引をすれば、金利がもらうことができます。

この毎日もらうことのできる金利が「スワップポイント」の正体です。

 

例えば、ドル円を1万通貨(1ドル=100円の時、1万ドル=100万円相当)購入すると、1日当たり55円の金利がもらえます。

ゆうちょ銀行の普通預金の金利は、0.001%です。
これは100万円を1年間預金して、やっと10円の利子が付くレベルです。

それに対し、FXでドル円を1万ドル(100万円相当)購入すると、1日当たり55円の金利です。
1年間でつく金利は、55円×365日=20,075円!!

FXでは、ドル円を同じ100万円相当分の金額を購すると、20,075円分のスワップポイントをもらうことができます(この間為替変動リスクがあることにご注意ください)

ゆうちょ銀行に1年間100万円を預けても、10円しか利子がつかないのとは大違いですね!!

このように「スワップポイント」がもらえることも、FXの大きな特長の1つです。

3.24時間取引可能

FXは通貨を取引するため、世界各国のどこかの市場が開いていれば、取引することが可能です。

よって、株などと違い、24時間取引することができるのです。

そのため、突発的なニュースなどにも次の日を待たずにその場でポジションを決済できますし、24時間常にチャンスがあります。

これもFXの大きな特長の1つでしょう。

FXの基礎知識まとめ
  • FXはレバレッジを利用して大きな利益を狙える!
  • 金利差を狙ったスワップポイントで利益を狙える!
  • FXは24時間取引可能でチャンスが多い!

3.FXのメリット4つを簡単解説

1.ショート(売り)からはいることができる

FXは証拠金取引なので、ショート(売り)からはいることも可能です。

株のような基本上げ相場で利益を出すような金融商品ではなく、買いからも売りからも入ることができ、値動きを大きな利益に変えるチャンスがあります。

FXでは、不況といったどんな相場環境でも、値動きがある限り利益を出すチャンスがあるのです。

ロング(買い)でもショート(売り)でも、為替が動く方向を当てることができれば、直接利益に繋がります。

2.銘柄数が少ない

FXは通貨の扱う金融商品なので、株のように銘柄数が多くありません。

そのため敷居が低く、投資初心者でも気軽に取引をスタートしやすいです。

株は東証一部だけでも、2,000以上の銘柄が存在するのに対して、FXではメジャー通貨の組み合わせで20種類程度です。

まずは、日本人になじみのある米ドル円(USD/JPY)の取引から始めて、FXに慣れるのがおすすめです。

3.夕方から深夜に向けてチャンスがある

株の取引期間が平日9:00~15:00(昼11:30〜12:30をのぞく)まであるのに対し、FXは24時間取引可能なのでライフスタイルに合わせて取引できます。

これは日中働いているサラリーマンにとっても、大きなチャンスです。

 

4.数ある金融商品のなかでもトップクラスのレバレッジ

FXはレバレッジのおかげで少ない値動きでも、大きな利益を得ることができます。

FXはのレバレッジはなんと25倍。10万円の証拠金で最大250万円分の売買が可能です。

IG証券の「ノックアウト・オプション」を使うと、更に資金効率のよいトレードが可能です。

FXのメリット簡単解説まとめ
  • ショートからはいれるので不景気でも利益を出せる!
  • 銘柄数が少ないので初心者にも投資の敷居が低い!
  • 夕方から深夜に向けて大きく動くのでサラリーマンでもできる!
  • FXは各金融商品のなかでもトップクラスのレバレッジ25倍!

4.FXのレートの見方

「本日のドル円のレートはは110.05-110.10です」

ドル円の為替レートなどは、このようにTVなどで聞いた事があると思います。

BidとAsk

この二つの価格提示の意味は、

価格を提示する側(外為業者)が 「1ドル=110円05銭でドルを買います」
価格を提示する側(外為業者)が 「1ドル=110円10銭でドルを売ります」

という意味です。

この二つの価格を「2wayプライス」と呼んでいます。

つまり、二つの価格表示は、
投資家がドルを売るときが「1ドル=110円05銭」
投資家がドルを買うときが「1ドル=110円10銭」
ということになります。

2wayプライスの表示では、左側の数値(買値)を「ビット」、
右側の数値(売値)を「アスク」と呼んでいます。

それでは実際に、このレートの場合に1ドルを買ってすぐに1ドルを売った場合はどうなるでしょう?

為替相場が動かない状態でも、1ドル=110円05銭でドルを買って、
1ドル=110円10銭でドルを売るわけですから、5銭分損をすることになります。

この買値(ビット)と売値(アスク)の差を『スプレッド』といいます。

現在日本のFX会社では、スプレッドはドル円で往復0.2銭の会社が多いです。

つまり、1万ドルあたりの取引でかかるのは、約20円という低コストになります。

銀行の外貨預金に比べると、FXは驚くほど低コストで外貨を取引することができるのです!

スプレッドは投資家にとってコストであり、投資家は最初からスプレッドの分だけ負けているのです。

したがって、スプレッドが安い業者を選ぶことも取引会社を決めるときのポイントとなります。

5.FXの通貨単位ってなに?

FXではLot(ロット)という取引単位があります。

FX会社によって異なりますが、一般的に1Lot=10,000通貨(1万通貨)を表すことが多いです。

プロの世界では、100万通貨=100Lot=1本という単位で呼びます。

ドル円1万通貨は、1ドル=100円の時に、10,000ドル×100円=1,000,000円(100万円)のことを表すことになります。

FXにおける取引単位なので、Lotは覚えておきましょう!

6.FX取引におけるおすすめ通貨

FXをやる際に、良く聞かれるのが「どの通貨ペアで取引を行ったらいいんでしょうか?」という質問です。

世界の三大通貨は「ドル・円・ユーロ」といわれています。
僕は基本的には、この3つの通貨を主体に取引を行っています。

僕が、この3つの通貨をおすすめする理由は、2つあります。

おすすめの理由その1.スプレッドが小さい

FXにおいて、スプレッドはコストです。

「ドル・円・ユーロ」

この3つのおすすめ通貨は、世界の中でも、突出して取引量が多いため、スプレッドが小さいのが特長です。

「スプレッドが小さい」ということは、取引を重ねていくごとに、手元に残る金額が、大きくなりやすいことを表しています。

FXで、資産形成を行う上で、このコスト意識は非常に重要になります。

スプレッドを意識すると、必然的にこのおすすめ3通貨ペアの取引が多くなるでしょう。

おすすめの理由その2.流動性が高い

FXにおいて、軽視されがちですが、無視できないものがあります。
それは、「流動性リスク」です。

流動性リスクとは、売りたい時や買いたい時に、値段がつかず、意図していたレートと大きく乖離してしまうリスクのことを指します。

流動性が高くないと、「スイスフランの暴騰」や「新興国通貨の暴落」のような事件に巻き込まれた際に、資産の大半を失ってしまいます。

こういったリスクを考慮していくと、「ドル・円・ユーロ」は、取引量が多いので、流動性リスクは限りなく小さくなります。

7.為替相場の変動要因(ファンダメンタルズとテクニカル)

FX取引をするうえで、為替相場がどのように変動しているかを知る必要があります。

では、その為替相場を動かしている要因とは一体何でしょうか?
大きく分けると次の2つになります。

1.ファンダメンタルズ要因
2.テクニカル要因

つまり、FXで勝つためにはファンダメンタルズ要因とテクニカル要因を掘り下げる必要があります。

それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

1.経済動向で予測する「ファンダメンタルズ分析」

その国の経済動向や、政策金利の方向性から為替相場を分析することを「ファンダメンタルズ分析」といいます。

FXにおいて、「トレンド」といわれる大きく動く相場が生じるのは、金融政策の方向性が大きく変わったときに主に起こります。

日頃から経済ニュースに多く触れるなどして、常に各国の金融政策をチェックします。

確認するべきは、その国の中央銀行が緩和方向(金利引き下げ)なのか、引き締め方向(金利引き上げ)なのか、を主にチェックしましょう。

金利が下がる通貨は、保有する魅力が薄れるので売られやすく、逆に金利が上がる通貨は、保有する魅力が増えるので買われやすくなります。

ファンダメンタルズ

2.群集心理を読む「テクニカル分析」

相場動向を表にして示した「チャート」上にて、チャートの動きから為替相場の動向を分析する方法を「テクニカル分析」といいます。

チャートは以下の様な、「ローソク足」というもので構成されます。

candle2

 

このローソク足を並べることにより、相場の動向を予測するのがテクニカル分析です。

trend1

 

チャートは相場動向を表にして示しただけのように見えますが、多くの人間がテクニカルを見て売買をしているため、チャートには人間の群集心理が色濃く反映されています。

「テクニカル分析」はその点に着目した分析方法になります。

8.相場の状態は3つしかない!トレンドを探せ

相場には流れがあり、その大きな値動きは「トレンド」といわれています。

一度相場に流れが生まれると、次の流れが出てくるまでの間は一つの流れが続きやすい、と言われています。

「上昇トレンドの中では上がり続ける傾向がある」「下降トレンドの中では下がり続ける傾向がある」、ということですね。

FX取引においては、「トレンド」の流れに乗ることができれば、大きく利益を狙うこともできます。

相場のトレンド

 

相場の状態は3つしかない

相場の状態は上昇、下落、保ち合い(レンジ)の3種類しかありません。

 

チャート上で、陽線が続いて出現するときは「上昇トレンド」。

反対に、チャート上で陰線が続いているときは「下落トレンド」。

そのどちらでもない部分は、「レンジ」といわれています。

相場のトレンドの種類

 

下の図を見てみましょう。

Aは上昇トレンド(アップトレンド)ですから、買いを中心に取引を進めます。

Bは下落トレンド(ダウントレンド)ですから、売りを中心に取引を進めます。

Cの保ち合い(レンジ)の場合、上昇と下落を繰り返していますね。

その場合、短期間での買いと売りを繰り返し行うことで為替差益を獲得するのがいいでしょう。

相場のトレンドの種類

相場の状態を把握することは、為替取引で利益をだす上で重要です。
上の説明のように、ボリンジャーバンドやMACDの傾きなどに注目するといいと思います。

取引を行う際には、今相場がどのような状態であるかを見極めましょう。

9.初心者がFXでよくある失敗

FXを始めたものの、失敗ばかりで最初はうまく利益が出ないはず…。

ここでFX初心者がよく陥りやすい失敗を3つほど取り上げておきます。

1.レバレッジのかけ過ぎによるずさんな資金管理
2.無計画なナンピンをおこなう
3.ファンダメンタルズに逆らった取引

1.レバレッジのかけ過ぎによるずさんな資金管理

FXはレバレッジがかけられるので、自己資金の何倍もの金額を売買できます。

これは、とても資金効率のいい金融商品です。

しかし、レバレッジは諸刃の剣でもあります。

勝っている間はすごい勢いで自己資金が増えますが、逆に負けのスパイラルにはまると、とてつもない勢いで自己資金が減ります。

初心者の方は、「儲けたい!!」という欲を抑えて、まずはレバレッジを抑えてポジションを持つことを心がけましょう。

2.無計画なナンピンをおこなう

トレードでは「ナンピン」と呼ばれるテクニックがあります。

ナンピンは、損切りとは逆に相場が予想した方向とは反対へ動いている場合、更にポジションを積み増して『平均コストを下げる』という方法です。

ナンピンして、相場が思った方向に戻ってくれれば、ポジションの平均コストが下がっているため、有利に働きます。

nanpin
■ 円安方向にいくと予想してナンピンした場合

  1. 1ドル=110円でドル円を買いました。
  2. 為替相場が動き、1ドル=108円まで下がってしまいました。含み損を抱えています。
  3. 1ドル108円の時に①と同じ分だけドル円を買いました。
  4. 為替相場が動き、1ドル=109円まで上がってきました。
  5. 1ドル110円と108円で買っているので、平均取得コストは109円です。収支がとんとんになりました。

 

このように、ナンピンとは、相場が逆方向に動いた時に、「トレンド」に逆らってポジションをとる行為です。

しかし、為替相場において、「トレンド」が発生すると、一方方向に強く動く場合があります。

その時に「ナンピン」をすると、大きく損をする可能性があり、非常に危険です。

上記の例のように、相場が反転すればよいですが、相場の世界に絶対はありません。

初心者の方ほど、ナンピンは避けるようにしましょう。

相場が思っていた方と逆に動いたら、快く「損切り」をしてください。

3.ファンダメンタルズに逆らった取引

FXは各国の通貨を取引しているので、各国の金融政策によって大きな値動きが生じることがあります。

例えば以下の図を見てください。

%e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%8e%e3%83%9f%e3%82%af%e3%82%b9

これはアベノミクスが始まってからのドル円のチャートです。

このように、ファンダメンタルズ要因で大きく動く際には、それに逆らっていると大きく利益を出すことができません。

初心者の方は、このような大きな値動きに対し、「そろそろ反転するはずだ」と安易に逆張りをして資産を減らしてしまいます。

経済ニュースをチェックして、このような為替が動く要因を考えて、方向性に逆らわないことが、FXで生き残っていくコツです。

10.初心者におすすめのFX会社

しかし、実際の取引を行うためには、証券会社に口座開設しなくてはなりません。

スポーツでも一緒ですが、座学をしただけでは稼げるようになりません。
実際に、座学で得た知識を使って、取引して、経験を積んで、初めて勝てるようになるのです。

他の事が出来なくなるくらい練習してプロ野球選手になった人はいますが、野球の勉強だけしてプロ野球選手になった人はいません。

学ぶ事は大切ですが、実践あってこその勉強なのです。

いきなり大きな金額を使って取引をすれば危険がつきまといますが、FXは5万円もあれば始められますし、リスクも限定的です。

 

しかし問題ありません。厳選した初心者の方にもおすすめのFX会社を3社紹介しておきます。

おすすめFX会社その1.DMMFX
↓期間限定オリジナルレポート配布中↓
DMM FX
スプレッド:米ドル/円 0.2銭(原則固定) 取り扱い通貨ペア数:20
取引単位:10,000通貨単位 特典キャッシュバック:最大22,000円

  1. DMMブランドによる圧倒的な安心感
  2. 豊富なキャッシュバックキャンペーン
  3. FXのスマホアプリが使いやすい

→DMMFXの詳細ページはこちら

おすすめFX会社その2.YJFX!
YJFX!の外国為替証拠金取引【外貨ex】
スプレッド:米ドル/円 0.2銭(原則固定) 取り扱い通貨ペア数:22
取引単位:1,000通貨単位 特典キャッシュバック:最大27,000円

  1. ヤフーグループが運営しているので安心
  2. FXアプリが使いやすい
  3. 初心者に優しい1,000通貨からの取引が可能

→YJFX!の詳細ページはこちら

おすすめFX会社その3.GMOクリック証券
GMOクリック証券
スプレッド:米ドル/円 0.2銭(原則固定) 取り扱い通貨ペア数:20
取引単位:10,000通貨単位 特典キャッシュバック:最大30,000円

  1. 大手インターネットグループGMOの子会社で上場企業なので安心
  2. 米ドル/円のスプレッドが0.3銭原則固定をはじめ低コストで取引可能
  3. はっちゅう君などツールが高機能で使いやすい

→GMOクリック証券の詳細ページはこちら

FXの口座を1つしか持っていないと、もしサーバーがダウンした際に、ほかのFX口座でリスクヘッジしたりなどができません。

そのためFX会社は、リスク分散のためにも必ず複数持っておいた方がいいです。

まずは小額からでもいいので、実際にFX取引をやってみることが、上達への近道といえるでしょう。

 

当サイトの人気記事

掲載おすすめFX会社

kingDMMFX DMM FX
  1. 1.業界随一の低スプレッドでコストも安心
  2. 2.豊富なキャッシュバックキャンペーン
  3. 3.疑問点をすぐに聞けるLINEサポート
kingYJFX! YJFX!の外国為替証拠金取引【外貨ex】
  1. 1.ヤフーグループが運営しているので安心
  2. 2.FXスマホアプリ「Cymo」が使いやすい
  3. 3.初心者に優しい1,000通貨からの取引が可能
kingIG証券
  1. 1.資金効率の良い「ノックアウト・オプション」が使用可能
  2. 2.日経平均など様々な金融商品が売買可能
  3. 3.IG証券は安心のイギリスNo.1FX会社