»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

FXの時間帯別値動きの特徴まとめ

FX   

FXの時間帯別値動きの特徴まとめ

FXトレードを行う上で重要視してほしいのは時間帯です。
為替相場は、時間帯によって、値動きの特性が変わります。

世界の三大市場は東京・ロンドン・ニューヨークです。
それぞれの市場の時間を以下の表にまとめます。

株式市場国別オープン時間

 

東京時間は、実需の取引が多く、値動きは限定的です。
一般的にはレンジ相場が多いです。
世界全体の取引高の約5%程度なので、大きくトレンドが出ることは少ないです。

それが、ロンドン時間に入ると、活発な投機筋が参入し、トレンドが出始めます。
ロンドン市場は、世界の取引高の約40%を占めると言われています。
この時間帯に入ると、流動性が厚くなり、方向感が出てくるのでやりやすいです。

そして、ニューヨーク市場は入ると、その傾向は強くなります。
ニューヨーク市場の時間帯は、重要な指標発表も多くなるので、急にトレンドが変わる事もしばしばあるので要注意です。
24時~25時までのロンドンフィックスまでは、値動きも活発で流動性もあるので、短期取引には向いているでしょう。

基本的に、FXトレーダーはロンドン時間・ニューヨーク時間に本腰を入れてトレードします。
たまに、東京時間のレンジを好んで取引するトレーダーもいますが、基本的にFXは日本時間の夕方から深夜にかけてやるものだと思ってください。

ロンドン時間からは、参加者が増えてくるために値動きが活発になり、参加者が多い分だけ流動性も厚くなります。

ボラティリティがないとトレーダーは仕事になりません。

ロンドン市場・ニューヨーク市場はFX投資家にとって、とても魅力的なマーケットなのです。

 

FXトレードにおいて勝つために必要な事はなんでしょう?

相手のプレイヤーがどのような行動をとってくるかを予想することです。

誰かが負ければ、自分が勝てる。敗者のゲームなのです。

ここで、為替レートが何故動くのかを考えてみましょう。
為替レートは経済情勢が変わったから、動くのではありません。
経済情勢が変わっても、人々が売買しなければ値段は動きません。

そう、為替レートは「人々の心理が変わる」から動くのです。
経済情勢が変わって「人々の心理が変わる」から為替レートは動くのです。

 

だから、FXで勝ちたいのならば、画面の向こう越しのプレイヤーの気持ちを考える必要があります。

「外国為替市場はゼロサムであり、誰かが勝てば、誰かが負ける」

よって、負けないトレードをするためには、顔の見えない画面側のプレイヤーの出方を知る必要があるでしょう。
ただ闇雲にやっても、他のプレイヤーに搾取されるだけです。

 

ここで投機筋の気持ちを考えてみましょう。
彼らは短期トレーダーが多く、次の日までポジションを持ち越したくありません。

更にもっと短期トレーダーになると、次の市場までポジションを持ち越したくないでしょう。

 

ここから考えられる事は、ある市場がオープンし、市場がクローズするまでにポジションを解消したいというニーズであるということです。

市場が変われば、参加者も変わります。参加者が変わるということは、トレンドも変わる可能性が生じるということです。

そのため各市場の時間から考えると、順張り逆張りは時間帯によって使い分ければいいと言う事が分かります。

参考までにトレンドが出ている場合、青色の時間が順張りで、赤色の時間が逆張りの時間です。(グラフは夏時間で作成)

株式市場開場時間

 

市場がクローズに向かう前に、短期トレーダーの利食いが入りやすく、トレンドに逆行して動く事が多いのです。
これは外国為替市場において、投機筋が9割を占めていて、彼らの心理が市場を動かしているからなのです。

まずポジションを取る際に、時間帯による値動きの特性を考えてとるようにしましょう。

こんな基本的な考え方1つで、FXにおいて勝率を飛躍的に高めることができます。

時間帯に注目したFXの本もあるので、参考にしてみてくださいね。

参考書籍「東大院生が考えたスマートフォンFX」

東大院生が考えたスマートフォンFX
田畑 昇人
扶桑社
売り上げランキング: 197
  • このエントリーをはてなブックマークに追加