»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

相場分析の方法〜ファンダメンタルとテクニカル〜

用語集 , FX   

相場の変動要因

24時間眠ることなく動いている外国為替市場。

では、その為替相場を動かしている要因とは一体何でしょうか?
大きく分けると次の2つになります。

  1. ファンダメンタル要因
  2. テクニカル要因

それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

 

 

経済動向で予測する「ファンダメンタル分析」

その国の経済動向から為替相場を分析することを「ファンダメンタル分析」といいます。

 

経済動向は為替相場にも非常に大きな影響をもたらすことが多いです。

「ファンダメンタル分析」は為替相場の分析における、大きなポイントとなります。

「ファンダメンタル分析」を行っていくには、その国の経済動向を見ることになります。

 

景気だったり金利だったり貿易収支といった、経済の基礎的条件を判断の基準におく分析方法です。

それらの要因によって、景気が上向いていることが示されれば「為替相場は上昇」します。
逆に、景気が下向いていることが示されれば、「為替相場は下落」します。

ファンダメンタル

 

 

群集心理を読む「テクニカル分析」

相場動向を表にして示した「チャート」上にて、チャートの動きから為替相場の動向を分析する方法を「テクニカル分析」といいます。

移動平均線のように過去の価格の平均と現在のレートを比べたり、過去の価格の平均に統計的操作を加えて「ありうる値幅」を想定したり、あるいは過去のレートから見て現在のレートが上がり過ぎなのか、下がり過ぎなのかを見たりと、さまざまな分析方法があります。

チャートは相場動向を表にして示しただけのように見えますが、実のところ人間の群集心理が色濃く反映されています。

「テクニカル分析」はその点に着目した分析方法になります。

 

「チャート」に注目して、将来の為替の動きを予測をします。

チャートは、デイトレードをはじめとする短期の売買を行う人にとっては、売り時や買い時を見極めるための手がかりになります。

 

ファンダメンタル分析かテクニカル分析か

FXを始めるときに、トレードスタイルとともに、もうひとつ岐路となるのが分析方法です。

FXを取引する人の主な分析方法は次の2つであることは既に上で述べました。

  1. ファンダメンタル分析
  2. テクニカル分析

 

このどちらを重視するか、長い間、多くの人が議論しているところです。

為替市場では、「実需」と呼ばれる貿易決済や資本移動などファンダメンタルを反映した通貨の交換も行われています。

ファンダメンタルズ要因が変動すれば、為替市場も変動するのは当然です。

 

しかし、実需にしたって、いつ外貨を手当するか、円に戻すかと判断するのは人間です。

結局、為替市場は人間の心理が動かすわけですから、「上がりすぎ・下がりすぎ」のレベルまで振れることも多々あります。

ですから、トレンドはどうか、転換点はどうか、今の相場は行き過ぎていないかなどを判断するときには、テクニカル分析が優れていると思います。

 

長期的な為替市場の流れはファンダメンタルズが決めています。

一方で、短期的な為替市場の流れはファンダメンタルズよりも人間の心理的側面の影響のほうが大きいので、テクニカル分析で判断するのがいいと思います。

デイトレードを行うのであれば、主体となるのはテクニカル分析だということになります。

 

 

相場分析の方法の動画はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加