【米ドル円スプレッド0.2銭】FXにおけるスプレッドとは

FX取引をするうえで、スプレッドへの理解は避けられないもの。

「スプレッドが0.2銭」とは、どういう意味なのでしょうか?

この記事を読めば、スプレッドについて詳しく理解できるはずです!

スプレッドが0.2銭とは?

スプレッドとは、売値(Bid)と買値(Ask)の価格差のことです。

日本のFX会社では、取引手数料が無料のところが多いですが、実際にトレードすると、このスプレッドがみなさんのコストになってきます。

この二つの価格提示の意味は、米ドル円(USD/JPY)の今この瞬間の売値と買値を表しています。

1.109.030で米ドル円(USD/JPY)を売れます。
2.109.032で米ドル円(USD/JPY)を買えます。

この二つの価格を「2wayプライス」と呼んでいます。

2wayプライスの表示では、左側の数値(買値)を「ビット」、右側の数値(売値)を「アスク」と呼んでいます。

それでは実際に、このレートの場合に1ドルを買ってすぐに1ドルを売った場合はどうなるでしょう?

1ドル=109円032銭で1ドルを買って(右側のAskが買値)、1ドル=110円10銭で1ドルを売る(左側のBidが売値)わけですから、0.2銭分損をすることになります。

この買値(Bid)と売値(Ask)の差を『スプレッド』といって、実際に売買するとこの分だけみなさんはコストを払うことになります。

しかし、FXの米ドル円(USD/JPY)において1万ドルあたりの取引でかかるのは、実質約20円という低コストです。

銀行の外貨預金に比べると、FXは驚くほど低コストで外貨を取引することができるのです!

スプレッドについてまとめ
  • 売値(Bid)と買値(Ask)の差がスプレッドといわれる
  • 実質のFX取引コストで、外貨預金に比べると大幅に安い
  • 米ドル円のスプレッドは驚きの0.2銭

FX取引の手数料はどれくらい?

FX取引における、手数料は各社無料のところがほとんどです。

当サイトでも、おすすめのFX会社にあげているところは、手数料が無料の会社にしています。

口座への入金や銀行口座への出金でも、基本的にウェブ上から行えば手数料がかからないと思ってください。

FX会社において、強制ロスカットなどが生じた場合、手数料がかかるケースがあります。

そのためにも、強制ロスカットが起きないように充分余力を持って取引してください。

もちろん、FXでは口座開設や口座維持手数料などもかからないので、安心してください。

FX取引においてスプレッドが広がるケース

FXにおいて、スプレッドは実質のコストに相当し、米ドル円だと0.2銭という低コストで売買ができることが分かったと思います。

しかし、FX会社のホームページをみると、米ドル円のスプレッド0.2銭(原則固定)と書かれているケースがほとんどです。

この原則固定ということは、どうしても0.2銭以上のスプレッドを提示する場合もある、ということになります。

それでは、実際にどのような場合にスプレッドが広がるのか、いくつか見ておきましょう。

各国の経済指標発表の前後

FXでは、各国の経済指標の発表が毎日のようにあります。

そのため、重要な経済指標の前後だと、値が飛びやすく、どうしてもスプレッドは広がってしまいがちです。

このような場合、ポジションを持ち越して浅いストップロスを入れていると、スプレッドが拡大して、逆指値にかかってしまいます。

また、経済指標発表後のスプレッドが拡大するために、すぐポジションをもつと、トレードのコストが大きくなりがちになってしまいます。

経済指標前後は値動きが乱高下するだけでなく、スプレッドの拡大により、余計なコストを払うことが多いので注意してください。

日本時間早朝や祝日・年末年始など参加者が少ない場合

FXは、24時間取引可能な金融商品ですが、どうしても時間帯や日付によって参加者が少ないケースがあります。

外国為替市場の、1日の大まかな流れをみていきましょう。

このように、日本時間の早朝はシドニー市場やウェリントン市場しか開いていないので、参加者が少なく、どうしてもスプレッドは広くなってしまいます。

取引参加者が少ないということは、それだけ為替レートを提示する人が少ないので、このようなスプレッドの拡大が起きます。

そのため、この流動性の薄い時間を狙って大きな注文を入れて仕掛けてくるファンドもいるくらいです。

日本時間早朝に大きく値が飛ぶことを「セリリングクライマックス」、略して「セリクラ」などといわれています。

このような取引参加者が少ないケースは、なにも日本時間早朝だけではありません。

イギリスやアメリカが祝日だと、それだけ市場に参加する金融機関が減りますから、当然市場の流動性は落ちます。

年末年始も同様なので、市場参加者が少ない時間や日付はスプレッドが拡大しやすく、値動きが不安定になりがち、と覚えておいてください。

スプレッドが広がる場合
  • 経済指標前後などはスプレッドが広くなりがち
  • 日本時間早朝や各国の祝日・年末年始など市場参加者が少ない場合
  • 市場参加者が少ない時のセリクラには注意!

スプレッドや手数料が安いFX業者はどこ?

スプレッドが実際FX取引する際のコストになることは、ここまで読み進めてきたなら、理解できたと思います。

実際には、提示されているスプレッド通りではなく、若干のスリッページなどが発生するため、約定力なども必要です。

以下のFX会社であれば、スプレッドも狭くさらに取引手数料なども基本的に無料で、おすすめです!

おすすめFX会社その1.YJFX!
スプレッド 通貨ペア
米ドル/円 0.2銭(原則固定) 22
取引単位 キャッシュバック
1,000 最大77,777円
  1. ヤフーグループが運営しているので安心
  2. スマホアプリ「Cymo」が使いやすい
  3. 初心者に優しい1,000通貨からの取引が可能

→YJFX!の詳細ページはこちら

おすすめFX会社その2.GMOクリック証券
GMOクリック証券
スプレッド 通貨ペア
米ドル/円 0.2銭(原則固定) 20
取引単位 キャッシュバック
10,000 最大30,000円
  1. 大手インターネットグループGMOの子会社で上場企業なので安心
  2. 米ドル/円のスプレッドが0.2銭原則固定をはじめ低コストで取引可能
  3. はっちゅう君などツールが高機能で使いやすい

→GMOクリック証券の詳細ページはこちら

当サイトの人気記事

掲載おすすめFX会社

YJFX!
スプレッド 通貨ペア
米ドル/円 0.2銭(原則固定) 22
取引単位 キャッシュバック
1,000 最大77,777円
  1. 1.ヤフーグループが運営しているので安心
  2. 2.FXスマホアプリ「Cymo」が使いやすい
  3. 3.初心者に優しい1,000通貨からの取引が可能
IG証券
スプレッド 通貨ペア
米ドル/円 0.2銭(原則固定) 99
取引単位 キャッシュバック
10,000 最大50,000円
  1. 1.資金効率の良い「ノックアウト・オプション」が使用可能
  2. 2.日経平均など様々な金融商品が売買可能
  3. 3.IG証券は安心のイギリスNo.1FX会社