【用語集】FX取引する上で欠かせない「円高・円安とは」

円高・円安とは

FXをしたことのない方でも、ニュースなどで「円高」「円安」という言葉は聞いたことがあると思います。

FXをはじめる上で、この「円高」「円安」はきっちり理解する必要があります。

円高・円安ってどんなことをいうのでしょうか?

今回は、身近な具体例で考えてみましょう!!

 

円高・円安をハンバーガーで考えてみよう

みなさんがアメリカに旅行に行ったとしましょう。

さあ、現地でお腹がすきました。

ここで、ハンバーガーを1つ買うとしましょう。
現地でのお店において、ハンバーガーの値段は1個1ドルです。

ハンバーガー
1ドル=100円の場合、日本円になおすとハンバーガー1つの値段はいくらでしょうか?

ハンバーガーの値段は1ドルなので、1ドル=100円ですから、ハンバーガー1つの値段は日本円で100円になります。

ここで、1ドル=80円になった場合と、1ドル=120円になった場合を考えてみましょう。

 

①.1ドル=80円になった場合

この場合、みなさんは80円で1ドルを手に入れる事ができます。

ハンバーガーの値段は1ドルなので、日本円になおすと80円でハンバーガーを購入することができました。

さっきよりも20円安く1ドル買えましたね。

つまり、その分だけ円の価値が上がっているから、みなさんは安くドルを買う事ができたのです。

これを、円高・ドル安といいます。

 

②.1ドル=120円になった場合

この場合、みなさんは120円で1ドルを手に入れる事ができます。

ハンバーガーの値段は1ドルなので、日本円になおすと120円でハンバーガーを購入することができました。

さっきよりも1ドル買うのに20円も高くなってしまいました。

その分だけ円の価値が下がってしまったので、みなさんはドルを高く買わなくてはなりません。

これを円安・ドル高といいます。

 

こう考えると、円高の時ほど、円の価値が高いので、海外旅行した際に買い物が安くできることがわかりますね。

数字が減ると円高、数字が増えると円安。

 

円高・円安と株価は関係している

日本円は現在超低金利ですので、借り入れするにもとても金利が安く調達できます。

外国の通貨は金利が高く、通常時は日本円が売られて高金利の通貨が買われやすく、それに伴って株価が上昇しやすいです。

このように、マーケットが利回りを求めてリスクを取りにいく状態のことを、「リスクオン」といいます。

そのため、日本円を売って外貨を買うという投機が行われやすく、「リスクオン」の時は「円安」になりやすいです。

 

しかし、株価の大幅な下落などが起こると、これらのポジションが逆流するので、今まで売られていた円が急速に買い戻されます。

株価が下落し不安定なマーケットのことを「リスクオフ」といいますが、この時は「円高」に注意してください。

マーケットでは上げるスピードよりも下げるスピードの方が速い場合が多く、逃げ遅れると致命傷になってしまいます。

 

慣れるまで「円高・円安」は、なんだかわかりづらいかもしれませんが、落ち着いて考えれば理解できるはずです。

FXを始める前にこういった基本的な用語は理解しておきたいですね。

FX初心者向けに6日間で学べる特別コンテンツを作ったので、良かったら以下のリンクもどうぞ(^^♪

自分でいうのもなんですが、初心者の頃に「こんなコンテンツがあったらなぁ」っていえるものになっています(笑)

 

6日間FX初心者講座メニュー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

 

当サイトの人気記事