»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

円高・円安とは

用語集 , FX   

円高・円安とは

FXをしたことのない方でも、ニュースなどで「円高」「円安」という言葉は聞いたことがあると思います。
FXを始める上で、この「円高」「円安」はきっちり理解する必要があります。

円高・円安ってどんなことをいうのでしょうか?

今回は、身近な具体例で考えてみましょう!!

 

円高・円安をハンバーガーで考えてみよう

みなさんがアメリカに旅行に行ったとしましょう。

さあ、現地でお腹がすきました。

ここで、ハンバーガーを1つ買うとしましょう。
現地でのお店において、ハンバーガーの値段は1個1ドルです。

ハンバーガー
1ドル=100円の場合、日本円になおすとハンバーガー1つの値段はいくらでしょうか?

ハンバーガーの値段は1ドルなので、1ドル=100円ですから、ハンバーガー1つの値段は日本円で100円になります。

ここで、1ドル=80円になった場合と、1ドル=120円になった場合を考えてみましょう。

 

①.1ドル=80円になった場合

この場合、みなさんは80円で1ドルを手に入れる事ができます。

ハンバーガーの値段は1ドルなので、日本円になおすと80円でハンバーガーを購入することができました。

さっきよりも20円安く1ドル買えましたね。

つまり、その分だけ円の価値が上がっているから、みなさんは安くドルを買う事ができたのです。

これを、円高・ドル安といいます。

 

②.1ドル=120円になった場合

この場合、みなさんは120円で1ドルを手に入れる事ができます。

ハンバーガーの値段は1ドルなので、日本円になおすと120円でハンバーガーを購入することができました。

さっきよりも1ドル買うのに20円も高くなってしまいました。

その分だけ円の価値が下がってしまったので、みなさんはドルを高く買わなくてはなりません。

これを円安・ドル高といいます。

 

こう考えると、円高の時ほど、円の価値が高いので、海外旅行した際に買い物が安くできることがわかりますね。

数字が減ると円高、数字が増えると円安。

なんだかわかりづらいかもしれませんが、落ち着いて考えれば理解できるはずです。

FXを始める前にこういった基本的な用語は理解しておきたいですね。

 

円高・円安とはの動画はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加