»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

レバレッジとは?

用語集 , FX   

レバレッジとは?

FXを取引する時に、でてくる単語「レバレッジ」

FXの特長として、担保となる手元の資金に「レバレッジ」をかけて、
何倍もの金額の外貨を取引することができます。

 

レバレッジの具体例を考えてみましょう。

レバレッジをかけると、手元の資金以上の外貨を取引することができます。

例えば、10万円しかFX会社に預けていなくても、レバレッジを10倍かけたとします。

そうすると、100万円分の外貨の売買ができるのです。

レバレッジ

 

日本のFX会社は、25倍までの「レバレッジ」をかけることができます。

つまり、預けている金額の25倍まで取引できると思ってください。

 

 

レバレッジは資金効率を表すコトバ

レバレッジって何なのでしょうか。
レバレッジとは「どれだけ少ない証拠金で取引できるのか」という資金効率を示す言葉です。

なんだか急に難しくなりましたね笑

 

そうするとレバレッジの意義はこうなります。
・レバレッジが高い=少ない証拠金で取引できる
・レバレッジが低い=取引するのに多くの証拠金が必要

 

つまり、レバレッジが高いというのはメリットであることが分かります。
同じ1万ドルの外貨を売ったり買ったりするのに、少ない証拠金で取引できた方が資金効率がいいからです。

 

■ レバレッジの具体例

■ レバレッジ1倍のケース

1ドル=100円だと仮定。1万ドル取引するのに必要なのは100万円。

■ レバレッジ25倍のケース

1ドル=100円だと仮定。1万ドル取引するのに必要なのは4万円。

何故このようなことが起こるのでしょうか?
レバレッジとは、その商品を買うのに他人のお金をどれくらい使っているのか、ということなのです。

住宅ローンに例えてみましょう。

 

■ 不動産を購入し、不動産が値上がりしたケース

■ レバレッジ1倍のケース

  1. 自己資金5,000万円で不動産を購入。
  2. 不動産が1,000万円値上がりし、売却した場合自己資金は6,000万円に。
  3. この場合レバレッジは1倍。自己資金は1,000万円(20%)増加。

レバレッジ

■ レバレッジ5倍のケース

  1. 自己資金1,000万円と借入資金4,000万円で不動産を購入。
  2. 不動産が1,000万円値上がりし、売却した場合自己資金は2,000万円に。
  3. この場合レバレッジは5倍。自己資金は1,000万円(100%増加)増加。

レバレッジ

 

借金をして不動産を買った場合、増えたのは同じ1,000万円だけれども、レバレッジをかけた方が少ない元手で1,000万稼ぐ事ができました。

1,000万円の資産で5,000万円の不動産を購入したので、自分の元手の5倍の取引をしたことになります。
このように他人の資本を使い、自分の元手以上の取引をすることをレバレッジをかけるといいます。

 

そして、FXの際は25倍までレバレッジをかけることができます。
これは元本の25倍まで取引できるという意味です。

では、もし不動産が値上がりではなく値下がりした場合を考えてみましょう。

 

■ 不動産を購入し、不動産が値下がりしたケース

■ レバレッジ1倍のケース

  1. 自己資金5,000万円で不動産を購入。
  2. 不動産が1,000万円値下がりし、売却した場合自己資金は4,000万円に。
  3. この場合レバレッジは1倍。自己資金は1,000万円(20%)減少。

レバレッジ

■ レバレッジ5倍のケース

  1. 自己資金1,000万円と借入資金4,000万円で不動産を購入。
  2. 不動産が1,000万円値下がりし、売却した場合自己資金は0円に▶︎借入資金4,000万円を返した後に手持ち資金は0になる。
  3. この場合レバレッジは5倍。自己資金は1,000万円(100%)減少。

レバレッジ

 

レバレッジが1倍の場合も5倍の場合も損失は同じ1,000万円です。
しかし、レバレッジが1倍の場合、元本に対しての損失が20%に対して、レバレッジが5倍の場合は元本の損失は100%です。

 

ハイレバ=ハイリスクではない

FXの世界でもまったく同じです。
レバレッジをかければかけるほど、リスクとリターンは増大することが分かります。

だけど、ハイレバレッジ=ハイリスクではありません。
ここが一番世間一般で誤解されている事です。

最初に述べた、『レバレッジとは「どれだけ少ない証拠金で取引できるのか」という資金効率を示す言葉である。』を考えてみましょう。

 

レバレッジが高ければ高いほど、自分のお金は少なく多額の取引ができることは分かって頂けたと思います。
しかし、最終的なリスクはレバレッジではなく、実際にどれくらいの数量の注文を行うか、で決まるのです。

例えば、1ドル=100円の時に口座に100万円入っていたとしましょう。
この時に1万通貨(1万ドル)を取引しようと思えば、レバレッジによって以下のような証拠金が必要になります。

 

■ 1ドル=100円の時に、1万通貨(1万ドル)を取引する場合

■ レバレッジ1倍のケース

1ドル=100円だと仮定。1万ドル取引するのに必要なのは100万円。

■ レバレッジ25倍のケース

1ドル=100円だと仮定。1万ドル取引するのに必要なのは4万円。

 

これは最初に示した通りです。
レバレッジ1倍だと1万ドルまでしか取引できないが、レバレッジ25倍だと25万ドルまで取引できる事が分かります。
ここでリスクはどのように決定されるかと言うと、何万ドル買うかという数量で決まるのです。

ここで、考えてみて下さい。
レバレッジが25倍でも、1万ドルしか買わなければレバレッジ1倍で1万ドル買った時とリスクは一緒ではないですか。

少ない資金でトレードできるので、レバレッジは高ければ高いほどいいです。
不動産と大きく違うのは、ポジションの量でリスクをコントロールできるので、ハイレバレッジにした場合はポジション量の調整や損失幅を限定する事によりリスクをコントロールすれば良いのです。

レバレッジは正しく使えば、あなたの資産を大きく増やす武器になります。
ここぞ!という勝負では大きく張らないといつまで経っても資産は殖えないですからね。

 

「レートが大きく動かない短期での取引では、大きいレバレッジを利用する」
このようにリスクコントロールが大切です。

「レートが大きく動く可能性のある取引では、レバレッジを小さくする」など、
臨機応変にレバレッジを使いこなしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加