»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

時間軸による各トレードスタイルまとめ

用語集 , FX   

トレードスタイルまとめ

トレードは時間の短いものから並べると3つあります。

 

・スキャルピング

スキャルピングとは、英語で「皮むき」という意味で、皮を剥くように薄い利益を狙っていく手法です。
スキャルピングは数十秒〜数分の間に、売って買っての1トレードを完結させてしまいます。
1トレードあたりの利益は小さい代わりに、1日に何度も何度も売買を繰り返す手法です。

主にテクニカル分析を主体としたトレードになります。

・デイトレード

スキャルピングよりももう少し長い時間で考えるのがデイトレードです。
数分から数時間保有して、長くとも1日の間に1トレードを完結させるようなイメージ。
ポジションを、翌日に持ち越さないトレードです。

資金が拘束されるのも1日なので、追証を気にすることなくレバレッジがかけられます。

・スウィングトレード

デイトレードより保有期間がさらに長いのが、スウィングトレードと呼ばれます。
トレードが数日から数週間くらいのイメージです。
取引期間が長い程、1トレードで大きな利益が狙えるのが特徴です。
数秒での値動きより、数週間での値動きの方が大きいので当然ですよね。
その代わり、未来を予測する難易度があがるため、損失のリスクも大きくなります。

ファンダメンタル分析の要素が強くなってくるのが、特徴です。

 

トレードスタイルまとめ

もし、コストが全くのゼロだとしたら、最も儲けやすいのはスキャルピングだと思います。
予想しやすい数秒後の値動きを狙えば勝率が高くなり、皮のような薄い小さな利益でも、積み重ねて大きな利益になるからです。

しかし、実際に、FXには「スプレッド」という見えないコストがあります。
これがスキャルピングの場合、大敵になってくるのです。

一方、スウィングトレードだと結果が出るまでに数週間かかり、その間資金も拘束されてしまうので、資金効率が悪いスタイルだといえます。

よって、資金を安定的かつ急速に増やしたいのであれば、デイトレードが一番効率がいいと考えられます。
値動きの予想のしやすさと、値動きの大きさ、時間の短さ、資金の回転率、取引コストから考えるとデイトレードが最も優れているからと考えられるからです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加