【超重要】FXを行う上で定期的にチェックすべきサイトまとめ

FXは通貨の売買をおこなって、為替差益を狙う金融商品です。

→【参考記事】FXとは?FXの基礎知識からFXの始め方・やり方まで簡単解説!

 

FXって難しいですよね。もちろん、トレードする上でチャートはチェックします。

実はトレードするときに、チャート以外にチェックしている便利なサイトがいくつかあります。

それを、この記事ではいくつか紹介していきたいと思いますね(´,,•ω•,,`)

 

OANDAオープンオーダー

OANDAが提供している、オープンオーダーは、「どこにどれだけオーダーがはいっているか」を視覚的に把握することができます。

https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

オープンオーダーを使うと、チャートからだけでは分かりづらい、どこで反発しやすいかやどこにストップロスが溜まっているかなどを、簡単に把握することができます。

このオープンオーダーは、朝一にチェックして大きなストップロスがあれば、そこを攻めるように戦略を立てたりすることが多いです。

→【参考記事】OANDAオープンオーダーの読み方と便利なインジケーターの紹介

 

OANDAオープンポジション比率

OANDAは、オープンオーダーだけではなく、オープンポジション比率も公開しています。

https://www.oanda.com/lang/ja/forex-trading/analysis/open-position-ratios

open_position

これにより、現在OANDAで取引している人たちが、ロングとショートがどのように傾いているかがわかります。

例えば、直近のユーロドルのチャートは以下のようになっています。

S__1286187

OANDAのオープンポジションでは、ユーロドルのショートが約63%になっていますね。

ユーロ→テーパリング期待

ドル→利上げ期待後退

でもともとユーロドルは買われやすくなっていますが、こういった個人投資家のポジションをみると、まだまだショートが捕まっているのかな?と考える際に使ったりします。

→【参考記事】FXトレードで大切な需給を考えよう

 

DailyFX

「DailyFX」では、IG証券の顧客の残りポジション比率をみることができます。

https://www.dailyfx.com/

IG証券は、イギリスで大手のFXブローカーであり、ドルストレートである「EUR/USD」や「GBP/USD」のポジション比率を見るのに適しています。

実は、これらの通貨ペアは世界的に取引高も多く、メジャー通貨ペアなのです。

しかし日本での取引はクロス円が主流なので、ドルストレートのポジションは外資系の証券会社の動向を追う方が正確な情報を得られるでしょう。

「SPX500」というのは、米株の指数なので、これも相場のリスクオンやリスクオフを測る指標として使えそうです。

 

このポジションの傾きを見て、株価指数をトレードするのも1つ面白そうです。

僕は米株が大きく動く時に、米株自体をトレードするのはもちろんですが、日経225のトレードをしたりしています。

→【参考記事】【株価指数取引まとめ】日経225のCFD取引をやってみよう

 

 

外為情報ナビ

日本の老舗FX会社の1つである「外為どっとコム」が提供するFX情報サービスです。

https://www.gaitame.com/markets/tool/

 

このように、オーダー情報がみれるのはもちろんですが、「外為情報ナビ」ではポジション比率情報もみることができます。

日本人の取引高の約7割は「USD/JPY(米ドル/円)」であり、円建ての通貨ペアの情報を得たい時には役立ちますね。

なお、オーダーブック情報はあくまでも参考程度で、過信しすぎないようにしてください。

→【参考記事】FXトレードにおけるオーダーブックの優位性を考える

 

FX ORDER

スマートフォン用のアプリで、「FX ORDER」というものがあります。

→【iOSの方はこちらから】https://itunes.apple.com/jp/app/fx-order/id707322892?mt=8

→【Androidの方はこちらから】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ateliero2.fxorder&hl=ja

S__1296654

なお、ウェブ版は以下のURLからみることができます。

https://www.traderswebfx.jp/marketorder/

 

これを使うと、ドル円・ユーロドルなど主要な通貨ペアのストップロスの位置を把握することができます。

上記の「OANDAオープンオーダー」・「DailyFX」と合わせて使うと、精度が高まるので要チェックです。

 

個人的な感想ですが、オープンオーダーよりも「FX ORDER}で得られるオプション情報の方が精度が高いと感じています。

1.オープンオーダーは1つの証券会社の顧客オーダーでしかなく市場全体を表しているわけではない

2.オープンオーダーはオーダー情報の比率を表示しているだけで絶対額はわからない

そのため、オープンオーダーと「FX ORDER」の情報であれば、僕は「FX ORDER」を優先しています。

 

IMMポジション

IMMポジションとは、大口の機関投資家の現在のポジションがどうなっているかを示す、1つの指標になります。

https://www.matsui.co.jp/market/fx/imm_position/

ここで、大きなポジションの変化が起こっていたりすると、大きなトレンドが生じるチャンスです。

逆に、ネットポジションで片方に大きく傾きすぎると、ポジションの解消が起こった際に、トレンドが大きく崩れるので注意しましょう。

円売りやユーロ売りは約10万、豪ドルなどは約5万を超えると警戒域に入るので週一回チェックしておくべきです。

 

Currency Strength Chart

「Currency Strength Chart」をみると、今日一日どの通貨がどれくらい動いたかがわかります。

https://currency-strength.com/

currency_strength

 

デイトレードをおこなう上で、どの通貨にチャンスがあるかこれをみればわかりやすいですね。

これをみれば、その日一日の大きな通貨のフローが一目でわかるので、ボラティリティが大きな日はニュースをチェックしてみると面白いでしょう。

 

世界の株価

為替の変動要因は、いろいろありますが、その日の株価などを見て、リスクオンなのかリスクオフなのかを判断しています。

http://sekai-kabuka.com/index.html

sekai_kabuka

クロス円など、円絡みの通貨ペアをいじるときは、特にチェックしています。

このサイトなら、各国の主要株価指数を一覧でチェックできるので、スマホトレードなどでも便利です。

 

米国債10年利回り

NYタイムに入って、ドル絡みの通貨ペアをいじるときは、米国債10年利回りもチェックしています。

https://jp.investing.com/rates-bonds/u.s.-10-year-bond-yield

10-year-bond-yield

一般的に、ドルは米国債の利回りと連動することが多いので、ドルが大きく動いた際には、米国債10年利回りもチェックするといいかもしれません。

 

VIX指数

VIX指数は、別名「投資家恐怖指数」ともいわれ、アメリカ株のボラティリティの高さを表す指標です。

https://finance.yahoo.com/quote/%5EVIX/

世界の株式市場の時価総額の半分以上は、米国株式市場で成り立っているので、米国マーケットの動向は為替にも大きな影響を与えます。

一般的にVIXの数値が20以上だと、市場全体としてリスクオフになりやすく、FXでいえば円高になりやすい傾向があります。

市場のボラティリティが高まったときは、FXでも大きな値動きが期待できるのでチャンスといえるでしょう。

「世界の株価」でもVIX指数は表示されていて、このVIX指数が急騰した時は、市場のボラティリティが高まるので逆張りは注意したほうがいいでしょう。

→【参考記事】トレードするなら投資家恐怖指数VIXを意識しよ?

 

今回ご紹介するのは、以上になります。

他にもファンダメンタルズを決めるうえで、各中央銀行や経済指標の日程などもチェックすべきなのですが、この記事では割愛します。

こういったいろいろなサイトやツールをうまく使いこなせると、FXトレードも一段上のレベルにいけるかもしれませんね( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

当サイトの人気記事