IG証券の口コミ・評判をかんたん解説【長所・短所徹底レビュー】

CMなども放送され、最近見かけることも増えてきた「ノックアウト・オプション」を提供するIG証券。

そんなIG証券に関して、実際のところの感想って気になりますよね。

そんなIG証券の口コミや評判をメリットとデメリット別にまとめてみました!
おすすめ度:
4.5
おすすめFX会社 IG証券
IG証券
スプレッド 通貨ペア
米ドル/円 0.2銭(原則固定) 99
取引単位 キャッシュバック
10,000 最大50,000円
  1. 「ノックアウト・オプション」を使った資金効率の良いトレードが可能
  2. 米ドル円のスプレッドが0.2銭と主要通貨のスプレッドが狭い
  3. 日経平均や原油、VIX指数など様々な金融商品が売買可能
  4. IG証券はイギリスNo.1FXブローカーなので安心

IG証券の詳細を見る

IG証券のメリットとは?

【メリット1】「ノックアウト・オプション」をはじめとした資金効率の良いトレードが可能

現在国内FXのレバレッジは25倍までとなっていますが、IG証券の「ノックアウト・オプション」を使うとそれ以上の取引をすることが可能となっています。

少ない資金でも、値動き次第では大きな利益を狙うことができます。

SNS上でも話題になっていて、多くの方「ノックアウト・オプション」を使用しており、「ここぞ!」という時ではとても重宝します。

また、出金トラブルや税率の高い海外FXではなく、国内で高い資金効率を実現できるのも大きなポイントの1つです。

命金で海外FXは絶対にダメ🙅
オレは海外FXは昔から大反対。
資金少ない人はIG証券のノックアウトオプションを勧めます。

— らんぶる@まさかの痛風🤒 (@Ramble_FX) January 8, 2019

僕も大きなイベント前に週を跨ぐようなポジションを取るときに、損失を限定できる「ノックアウト・オプション」を使ったりしています!

【メリット2】主要通貨のスプレッド米ドル円が0.2銭と狭い

IG証券では米ドル円のスプレッドも安心の0.2銭。

また主要通貨のスプレッドも軒並み狭く、安心して利用できますね。

【IG証券】
ドル円:0.2銭
ユーロ円:0.5銭
豪ドル円:0.7銭
ポンド円:1.0銭
※全て原則固定

トレードにおいて、スプレッドは取引コストなので、気になると思います。

IG証券では、ほとんどの通貨が低スプレッドで取引できる、恵まれた環境と考えていいでしょう。

また、取引通貨ペアは99種類に上り、マイナー通貨ペアの取引も可能です。

グローバルな環境に幅広く投資したい方には、充分な環境でしょう。

取引単位は、1万通貨からなので、少額の方は「ノックアウト・オプション」を使うなどして、トレードすることになると思います。

多くの国内FX会社では、取引数量に制限があるところがほとんどですが、IG証券では建玉が原則無制限。

なので、大口のトレーダーは気にせずポジションを建てることができるのも、隠れたメリットの1つです。

通貨ペアによっては、ある一定の数量を超えると必要証拠金が増える場合があるので、注意してください。

【メリット3】日経平均や原油、VIX指数など様々な金融商品が売買可能

IG証券では、日経平均をはじめとする、各国の株価指数のトレードも可能。

また、原油やゴールドといった商品やVIX先物の売買までできてしまいます。

資金の振替も簡単で、気軽にいろいろな商品を取引できるのは、恵まれた環境といえるでしょう。

取扱商品が多いということは、それだけトレードの幅が広がり、チャンスが増えるということを意味します。

FXでボラティリティがないときであっても、ほかの金融商品に目を向ければ、意外とチャンスがあったりするものです。

僕自身、その時の相場に合わせてFX以外にも様々なトレードをしています!

マーケットに合わせて、できるだけ簡単な金融商品を選んで取引するのも、いいかもしれません。

【メリット4】大口顧客にはプレミアムサービスがある

大口の取引をしていると、プレミアムサービスを受けられるのも「IG証券」の特徴の1つです。

プレミアムサービス

このプレミアムサービスの中には、「取引コスト優遇」も含まれており、こういったプラグラムを利用することで、大口の方でも低コストで運用可能になります。

また、大口取引をしていると花火大会への特別招待が届いたりとか、特別なイベント招待が届くことも…?!

ネット上の反応を見ても、IG証券のプレミアムサービスの反応は上々です。

こういったプレミアムサービスを提供しているのは、IG証券のメリットの1つかもしれません。

僕自身、こういったプレミアムサービスを受けているので、とても気に入っています。

【メリット5】IG証券はイギリスNo.1FXブローカーなので安心

IG証券はイギリス・ロンドン拠点に拠点を置き、40年以上の歴史を持つ金融商品取扱業者に登録されているFX会社です。

イギリスでのNo.1FXブローカーとして有名で、取引高は相当なものがあると考えていいでしょう。

IG証券の信託保全の仕組み

三井住友銀行に投資家の資産は信託保全されているため、万が一の破綻した場合も安心できそうです。

会社の資本力がないと、相場が急変したときに顧客の追証が発生してしまい、経営に悪影響を与えると考えられます。

ある程度大きい会社で取引を行った方が、証券会社の倒産リスクを回避することができるます。

IG証券は、その意味で大手証券会社の部類に入るのではないでしょうか。

大切な資金を預けるのだから、こういったポイントはしっかりとチェックしておきたいですね。

IG証券の詳細を見る

IG証券のデメリットとは?

【デメリット1】FX取引において100ロット以上の取引だとスプレッドが広くなりがち

IG証券は、主要の米ドル円をはじめとする取り扱い通貨ペアはなんと99種類。

IG証券のFXスプレッド

100ロットまでは、低スプレッドでの取引が可能ですが、100ロット以上の注文になると、大口銘柄に分類されるのでどうしてもスプレッドが広がってしまいます。

このため、大口のトレーダーにとっては少しコストが高くついてしまうのが問題です。

しかし大口取引をしていると、プレミアムサービスを受けられる可能性があるので、相談してみてください。

大きなロットでの注文は、どこのFX会社でもスリッページが発生してしまったりするもの。

プレミアムサービスを利用すると、実は他社よりも低コストな取引を実現できるかもしれません。

【デメリット2】プラットフォームが慣れるまで少し使いづらい

IG証券では、多様な金融商品を扱っているため、どうしてもプラットフォームが煩雑になりがちです。

そのため、初心者の方が使うには少しハードルが高いように思います。

慣れれば、問題ないのですが、最初は取引画面を見て戸惑う方も多いのではないでしょうか。

僕自身、慣れるまでは複雑なインターフェイスで少し取引しづらかった記憶があります。

IG証券のプラットフォームなんか使いづらいな。mt4 の方が使いやすい。慣れかな。

— マネキネコ (@manekineko0910) June 11, 2019

しかし、この点はプラットフォームは徐々に改善していくらしく、顧客の声を即座に反映していく姿勢は、外資系のFXブローカーとしてとても良いと思います!!

プラットフォームは慣れれば、特に取引に問題ありませんし、それ以上に取り扱い金融商品の豊富さは、投資家として魅力を感じるはずです。

【IG証券の総評】

IG証券のメリット・デメリットを紹介しましたが、総合するととてもいいFX会社だと思います。

IG証券は、イギリスNo.1ブローカーなので投資家としても安心です。
また、主要通貨のスプレッドの軒並み狭く、「ノックアウト・オプション」で大きな勝負も可能。

海外FXを使うことなく、国内で高い資金効率を実現できるのは魅力的な環境ではないでしょうか。

僕自身、大口取引優遇のプレミアムサービスを受けられるので気に入っていますし、おすすめできるFX会社です!

おすすめ度:
4.5
おすすめFX会社 IG証券
IG証券
スプレッド 通貨ペア
米ドル/円 0.2銭(原則固定) 99
取引単位 キャッシュバック
10,000 最大50,000円
  1. 「ノックアウト・オプション」を使った資金効率の良いトレードが可能
  2. 米ドル円のスプレッドが0.2銭と主要通貨のスプレッドが狭い
  3. 日経平均や原油、VIX指数など様々な金融商品が売買可能
  4. IG証券はイギリスNo.1FXブローカーなので安心

IG証券の詳細を見る

IG証券会社概要紹介

商号 IG証券株式会社(英語表記:IG Securities Limited)
本社 〒106-6026 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー26F
創立 2002(平成14)年12月3日
資本金 1億円
主要取引銀行 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行
株主 Fox Sub 2 Limited (IG Group Holdings 100%子会社) 100%
加入協会 日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1168)
日本商品先物取引協会
役員 代表取締役
古市 知元 代表取締役(非常勤)
ケビン・アルジオ (Kevin Algeo/Head of APAC & Africa)
取締役
野口 文男
取締役
佐川 浩

IG証券FAQ

・IG証券はどんな方におすすめですか?

「ノックアウト・オプション」など資金効率のよいトレードが可能なのが、大きな特長です。
→「IG証券【ノックアウト・オプション】とは?

また、日経平均やゴールドなど様々な金融商品を売買することもできるので、トレードの可能性を大きく広げることができます。

・IG証券のデメリットは?

ツールなどが少し使いづらい印象があります。これはいろいろな金融商品を取り扱っているため、どうしても取引画面が煩雑になってしまうため、仕方ない部分があると思います。

「ノックアウト・オプション」をはじめ、トレードの収益機会を増やせることはこれらのデメリットを遥かに大きく上回ると思います。
→「IG証券【ノックアウト・オプション】とは?

・口座開設に費用はかかりますか?

口座開設時に費用はかかりません。また、口座維持手数料なども無料です。
→「FX口座開設の流れとは?

・デモ口座はありますか?

はい、あります。デモ口座では6000万円(FX口座・各CFD口座それぞれ1000万円)の仮想資金を使ってFX/CFD/バイナリー取引の体験が可能です。

PICK UP記事

おすすめFX会社ランキングおすすめのFXアプリ
FX初心者がやるべきことFX取引するべき時間帯