»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

FXのレバレッジが最大10倍?!問題点と今後の対策

FX   

FXのレバレッジが最大10倍?!問題点と今後の対策

FXのレバレッジが、10倍程度に引き下げられる可能性があるようです。

→【参考記事】レバレッジとは?

FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討 (2017/9/27 18:45)

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力だ。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。国内の取引高は約5千兆円に上る一方、FX業者への規制は銀行などに比べ緩い面がある。規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐ。

金融庁はFXの業界団体、金融先物取引業協会と規制見直しに向け協議を始めた。早ければ来年にも内閣府令を改正して実施する可能性がある。

—日本経済新聞より引用(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21595840X20C17A9I00000/

 

このニュースに関してTwitter上でも様々な意見がありました。

レバレッジが下がることにより、生じる問題点を2つほど考えてみます。

 

問題点①資金効率が大きく下がる

レバレッジが下がると、単純に同じ取引をしても、資金効率が大きく下がります。

ドル円のレートを100円とした時に、現状のレバレッジ25倍だと、ドル円を1億円分(100lot)取引するのに必要な証拠金は400万円程度になります。

これが、レバレッジが10倍になった場合、同じドル円を1億円分(100lot)取引するのに必要な証拠金は1000万円程度になります。

ドル円100lotですと、ちょうど100pips(1円の値幅)をとることができれば、100万円分の利益になります。

つまり、同じ金額の利益を出すにも、多くの証拠金をFX会社に預けなくてはならず、資金効率が著しく落ちることになります。

 

問題点②レバレッジ規制をしてもテールリスクに対応できない

外国為替市場では、1年に数回程度、通常では考えられない大きなボラティリティ(変動幅)が発生します。

上記の記事中によると、「1985年以降でみると、主要10通貨の平均の変動率は11.4%」と書かれています。

多分これは、1年を通しての平均の変動率を算出したものと思われます。

しかし最近のBrexitのように、想定外の事態が起こると、ポンド円は27円変動したりと、上記の平均変動率を1日で大きく上回ることがわかります。

poundyen_brexit

この日のポンド円の変動率は約17%なので、10%変動すると元本が吹き飛ぶレバレッジ10倍程度だと意味がなさそうです。

こういったテールリスクの発生時は、レバレッジ規制を行っても、レバレッジ10倍程度では元本を上回る損失が容易に発生することが想定されます。

 

投資家保護を叫ぶのであれば、口座開設時の審査を厳しくするであったり、投資経験に応じてハイレバレッジを許可するなどしてほしいものですね。

しかし日本国民である以上、日本のルールに従って投資をやっていかなくてはなりません。

そこで、レバレッジ10倍じゃ足りないよ!という方向けに、2つほど解決策を考えたいと思います。

 

解決策①法人口座を使う

法人口座を使えば、通貨ペアによりますが、平均50~60倍程度のレバレッジをかけた取引を行うことができます。

法人を設立する初期費用や、年間のコストがかかるのが欠点ですが、経費の幅も個人投資家より広く認められるようになるという利点もあります。

年間800万円以上コンスタントに利益を出せる方にとっては、要検討されてもいいのではないでしょうか。

なお、税率は個人の方が20%と法人税の34.62%に比べて安いので、事業としてFXを営みたい方は、現在の資産(資金効率)と税理士に相談するといいと思います。

 

解決策②海外FXを使う

今回の規制は、あくまでも日本のFX業者に限った話なので、海外のFX業者を使えば規制を逃れることができます。

しかし、海外のFX業者は日本の金融庁の管轄外で、資産の持ち逃げなど様々なリスクが存在します。

当ブログでは、責任を負えないので海外FX業者を紹介することはしませんが、どうしても気になる方は調べてみてもいいかもしれません。

海外FX業者を探している方は、yasuさんの孤高のFX(https://yasufx.com/)を読んでみるといいかもしれません。

あくまでも投資は自己責任でお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加