»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

ダイバージェンス

用語集 , テクニカル指標 , FX   

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、逆行現象のことを指します。

ローソク足の高値が切り上がっている上昇トレンドなのに、オシレーターの高値は切り下がっているケースが該当します。
またローソク足の安値が切り下がっているのに、オシレーターの安値が切り上がっている場合もダイバージェンスです。

下のチャートを見てください。

IMG_0765

 

 

MACDは16:50にゴールデンクロスしています。
しかし、16:50より後に、直近安値を割って、1.08967をつけています。

MACDはゴールデンクロスしていて、上向きのサインを示しているのに、実際のローソク足は下向きに動いています。
このように、オシレーター系のテクニカルと実際のローソク足の動きが逆行している現象を、ダイバージェンスというのです。

これは相場が行き過ぎた状態を指し、多くの場合、反転のサインになります。

 

ダイバージェンスは、主に逆張りに使える指標です。

しかし、順張りの際にもこのダイバージェンスを見ることによって、反転が予測できるので、利益確定のサインにもなり得ます。

 

個人的にはスキャルの逆張りの際に、良く使用しています。

ダイバージェンスを使うと、逆張りトレードでの勝率を向上させることができるので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加