»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

一目均衡表とは?

テクニカル指標 , FX   

一目均衡表とは?

「一目均衡表」は、日本発のテクニカル分析手法として知られており、相場のバランスを視覚的に捉えることが出来るとされています。
ローソク足と5本線により時間論から波動論まで網羅する、極めて奥の深い指標です。

他のテクニカル指標と違い、「価格」の動きよりも、「時間」の概念を重視している。
ここでは、難しい理論は置いておいて、注目すべきポイントだけを押さえておきましょう!

「一目均衡表」には「転換線(9日)」、「基準線(26日)」、「先行スパン1」、「先行スパン2(52日)」、「遅行スパン(遅行線)」の5つの線と、「雲」と呼ばれる帯があります。
この中で、注目すべきは、「転換線」、「基準線」そして「雲」の3つです。

この3つから以下の売買サインが見えてきます。

実際に、一目均衡表をどう使うか、見てみましょう。

 

 

ローソク足と雲の位置関係からトレンドを見る

1つ目のサインは、雲とローソク足の位置関係から見えてきます。

ローソク足が「雲」より上部にあれば上昇トレンド、下部にあれば下落トレンドである言われています。
そして、ローソク足が「雲」に突入した場合はトレンド転換ポイントの目安です。

ローソク足が雲を下から上に突破すると上昇サイン。
上から下に突き抜ければ下落サインとなります。

また、「雲」の厚さは相場の「レジスタンスライン(抵抗ライン)」として強さを表しています。
「雲」が厚ければ厚いほど相場の反転が難しいとされており、抵抗帯・支持帯と見なされています。

転換線

 

 

転換線と基準線の位置関係

2つ目の売買サインは、転換線と基準線の関係です。
基準線は中期のトレンドを示す線であり、上向きの基準線は上昇トレンド、下向きの基準線は下落トレンドを示します。

転換線は基準線とぶつかることで相場の転換点を表わします。
すなわち、転換線が基準線を上に抜けると上昇トレンド発生、下に抜けると下落トレンド発生とされます。

転換戦と基準線

 

 

一目均衡表での注目すべき点まとめ

  • ローソク足が雲の上にあるか・下にあるか
  • 雲の厚さはどれくらいか
  • 転換線と基準線の位置と傾きはどうなっているか

 

特に、逆張りをする際に、転換線の傾きに注目すると良いです。

この時の利食いポイントは雲の手前ですね。

一目均衡表を使いこなせると、トレードがもっと面白くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加