»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

単利と複利の違い

用語集 , FX   

単利と複利の違い

資産運用において、とても重要な意味を持ってくるのが「単利」と「複利」です。

「単利」と「複利」は利息のつき方の種類です。

この違いを意識して、資産運用を行うだけで、その結果には大きな違いがでてきます。

それでは実際にみてみましょう。

 

単利とは?

単利は、当初預け入れた元本に対してのみ利息がつく計算方法です。

 

例えば100万円を年利10%で単利運用した場合、毎年10万円の利息がついていくことになります。

1年目に100万円を預けたとしましょう。

年利10%で単利運用すると、1年後には110万円になっています。

 

2年目は、最初に入金した100万円に対して、10%の利息がつきます。

よって、つく利息は10万円です。2年後には預けたお金は120万円になっています。

3年目も同様です。元本100万円に対しての10%なので、利息は10万円。

 

このように、当初の元本に対してのみ利息計算が行われるのが、「単利」なのです。

単利

 

 

複利とは?

複利は、単利とは異なり運用期間中に発生する利息を元本に繰り入れます。

それを新しい元本とし再投資、利息を計算する方法です。

発生した利息が元本に加えられ再投資されていくので、利息が利息を生んでいく形になります。

 

100万円を年利10%の複利運用を行った場合、1年目は利息が10万円つきます。

この10万円と当初元本の100万円を足した110万円が2年目の元本となり利回り計算が行われます。

2年目には110万に対しての10%なので、11万円の利息がつきます。

下の図を見ても、1年目の利息10万円が再投資されていることがわかると思います。

2年目には、元本は121万円にまで増加しました。

3年目には、121万に対しての10%なので、利息は12万円つきます。

3年目には、元本は133万円にまで増加しました。

 

このように利息が再投資される形で元本が増えていきますので、単利に比べ複利のほうが高い運用効果が得られるのです。

複利

 

4年後の「数字」に注目してください。

単利と複利では4年運用をしたとして、すでに6万円の差があることがわかります。

これが「複利効果」です。

 

資産運用をする際には、複利を味方につけましょう。

ただし、複利は敵にまわすと厄介です。

借金も同じスピードで増えていくからです。

こういった知識を正しく身に付けて、賢く資産運用しましょう。

 

単利と複利の違いを解説した動画はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加