»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

順張り・逆張りとは?

用語集 , FX   

相場にエントリーする方法は2つしかありません。

それは順張りと逆張りです。

今回は、この順張りと逆張りについて学んでみましょう。

 

順張りとは?

これまで相場が動いてきた方向に沿って取引を行います。

相場の勢い(トレンド)についていくのが、順張りです。
つまり、上がっている時に買い、下がっている時に売ることになります。
別名「トレンドフォロー」とも呼ばれています。

例えば、「1ドル98円→100円」になり、この流れは続くだろうとの予測から、ドルを買うのが順張りです。

値動きを大きく取りやすい代わりに、勝率が低いのが特徴です。
大きくトレンドがでる相場状態は少なく、一般的に70%はレンジ相場といわれています。

 

順張り

 

 

逆張りとは?

相場の売られ過ぎ・買われ過ぎに着目し、そこから相場が収束に向かうところを取引を行います。
相場の勢いの反転を狙うわけですね。
相場の勢い(トレンド)とは逆に取引するのが、逆張りです。
別名「カウンタートレンド」とも呼ばれています。

つまり、上がっている時に売り、下がっている時に買うことになります。
例えば、「1ドル100円→95円」となり、そろそろトレンドは逆に動くだろうとの予測から、ドルを売るのが逆張りです。

トレンドに逆行するため、エントリーのタイミングを間違えると、大きく負けてしまいます。
またトレンドに逆行しているため、一度の取引で大きな値幅を取りにくいことが特徴です。

損切りには、必ず注意してください。

逆張り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加