»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

トレンドを把握する

用語集 , テクニカル指標 , FX   

トレンドとは?

相場には流れ(トレンド)があります。

一度相場に流れが生まれると、次の流れが出てくるまでの間は一つの流れが続きやすい、と言われています。
「上昇トレンドの中では上がり続ける傾向がある」「下降トレンドの中では下がり続ける傾向がある」、ということですね。

トレンド」の流れに乗ることができれば、大きく利益を狙うこともできます。

相場のトレンド

 

 

相場の状態は3つしかない

相場の状態は上昇、下落、保ち合い(レンジ)の3種類しかありません。

 

チャート上では陽線が続いて出現するときは「上昇トレンド」。

反対に、チャート上で陰線が続いているときは「下落トレンド」。

保ち合い(レンジ)は、それ以外の部分です。

相場のトレンドの種類

 

 

 

下の図を見てみましょう。

Aは上昇トレンド(アップトレンド)ですから、買いを中心に取引を進めます。
ボリンジャーバンドが広がり、MACDがゴールデンクロスしている状態が特徴です。

Bは下落トレンド(ダウントレンド)ですから、売りを中心に取引を進めます。
ボリンジャーバンドが広がり、MACDがデッドクロスしている状態が特徴です。

Cの保ち合い(レンジ)の場合、上昇と下落を繰り返していますね。
ボリンジャーバンドが狭まり、MACDの傾きが平行状態が特徴です。

その場合、短期間での買いと売りを繰り返し行うことで為替差益を獲得するのがいいでしょう。

相場のトレンドの種類

 

相場の状態を把握することは、為替取引で利益をだす上で重要です。
上の説明のように、ボリンジャーバンドMACDの傾きなどに注目するといいと思います。

取引を行う際には、今相場がどのような状態であるかを見極めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加