【用語集】チャートを形成する基本となる「ローソク足」とは

ローソク足とは

ローソク足は、その名の通り蝋燭(ろうそく)に似ていることから、ローソク足と呼ばれています。

英語では「キャンドルチャート」と呼ばれるらしいです。

ローソク足は、一定期間における相場の4本値(始値終値高値安値)を1本の棒状にして並べ、一目で相場の流れが分かるようにしたものです。

ある期間のマーケットの動きがパッと見て分かるため、テクニカル分析を行うためには、必須のツールです。

ローソク足 [adsense]

 

 

ローソク足の見方

「ローソク足」は1本に4つの数字がはいっています。

■ 始値(はじめね)

その日(週・月・時間など)の最初に提示されたレートを指す。
日足の場合は、その日の一番最初についた値段のこと。

■ 終値(おわりね)

その日(週・月・時間など)の最後に提示されたレートを指す。
日足の場合は、その日の一番最後についた値段のこと。

■ 高値(たかね)

その日(週・月・時間など)の中でもっとも高い値段で提示されたレートを指す。
日足の場合は、その日の一番高い値段のこと。

■ 安値(やすね)

その日(週・月・時間など)の中でもっとも安い値段で提示されたレートを指す。
日足の場合は、その日の一番安い値段のこと。

 

始値より終値のほうが高い場合を、「陽線」と呼びます(図中:白)

反対に始値より終値の方が低い場合を、「陰線」と呼びます(図中:青)

期間中の始値終値で囲った、色の塗られた四角い部分が、ローソク足の「実体」と呼ばれています。

ローソク足の実体に対して、期間中の高値安値は、上下に伸びる「ヒゲ」で表されます。

このように「ヒゲ」は、ある期間中の上ブレ下ブレを表しています。

長い「ヒゲ」は相場のトレンドの転換を示す重要なサインとなることもあるので、要注意です。

陽線と陰線

 

期間の違いによるローソク足の違い

ローソク足には、時間軸によって、様々な種類があります。

以下に、代表的なものをいくつか紹介します。

 

■ 1分足(いっぷんあし)

1本のローソクで1分間の値動きをあらわしたもの

■ 5分足(ごふんあし)

1本のローソクで5分間の値動きをあらわしたもの

■ 30分足(さんじゅっぷんあし)

1本のローソクで30分間の値動きをあらわしたもの

■ 4時間足(よじかんあし)

1本のローソクで4時間分の値動きをあらわしたもの

■ 日足(ひあし)

1本のローソクで1日分の値動きをあらわしたもの

■ 週足(しゅうあし)

1本のローソクで1週間分の値動きをあらわしたもの

 

スキャルピングの場合なら、短い時間軸の「1分足」や「5分足」を中心に使うことになるでしょう。

デイトレードの場合なら、中期の「30分足」や「4時間足」などをみることになります。

中長期型のスウィングトレードであれば、「日足」や「週足」を参考にする方が多いようです。

日足と週足

 

ローソク足は何分足で表示するのが正しいのか?

ローソク足は指定する時間によって、様々なチャートを形作ってくれます。

ローソク足の終値で、各テクニカル指標は形成されていくので、トレードにおいて「何分足」をみるかは非常に重要です。

この記事は、初心者向けの用語解説にとどめておくので、より踏み込んだ内容は以下の記事を読んでください。

→参考記事【重要】ローソク足って何分で表示すべきなの?を考えてみる

当サイトの人気記事