»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

IFD注文とは?

用語集 , FX   

IFD注文とは?

IFD(イフダン)注文は、IFDとは「If Done order」の略です。
新規の注文と、それを決済する注文をセットで出せる注文方法です。

 

 

新規注文が成立すると、自動的に決済注文も有効になります。

「○○円になったら新規で買いたい。そのあと○○円になったら決済して売りたい。」
このような悩みを叶えてくれるのが、IFD注文です。
IFD注文は、新規注文と決済注文を同時に発注することができるのです。

IFD注文は、新規注文から決済注文まで、すべて自動で行ってくれるので、とても便利な注文方法です。

ifd1

 

 

それでは実際に、使い方をみてみましょう。
以下の図を、参考にしてください。

例えば、1ドル=100円のときに、1ドル=99円でドルを買いたいとします。
1ドル=99円で、指値の買いの新規注文を発注したとしましょう。
IFD注文では、同時に1ドル=101円で指値の決済注文も発注できるのです。

その後、相場が一度1ドル=99円まで値を下げたため新規注文が約定しました。
新規注文が約定した後、相場の勢いが上昇傾向に変わりました。
無事1ドル=101円まで上昇。決済注文も約定しました。

このように、新規注文から決済注文まで一括で行えるのがIFD注文なのです。

 

 

ifd2

 

 

 

IFD注文では、随時レートを見ていなくとも、一度の発注で取引を完了できます。
一度の発注で取引を完了できるため、忙しい人にはおすすめの注文方法です。

 

IFD注文を使う際には、4通りの組み合わせが考えられます。

 

この中でも、IFD注文を使う際には、「新規注文:指値、決済注文:逆指値」の組み合わせをおすすめしています。

FXを行っていると、相場が予想と違う方向に動くことは日常茶飯事です。
その場合を想定して、決済注文に逆指値注文を活用するのです。

そうすれば、もし損失が出た場合も、一定の範囲に抑えることができます。

相場が予想通りに動いた場合は、好きなタイミングで成行注文で決済しましょう。
指値注文をおいていないので、利益を伸ばすことができるのです。

IFD注文において、「新規注文:指値、決済注文:逆指値」は、リスクを限定した上で、利益を伸ばすことができる非常に優れた組み合わせです。

 

■ IFD注文の実際の活用例(1万通貨の場合)

  • 1ドル=121円の時に、1ドル120円まで下がり、その後上昇すると予想。
  • 1ドル=120円で新規の買い注文を発注。損失幅を1円と決めて、決済注文には1ドル=119円の逆指値注文を発注。
  • 実際に相場は下がり、1ドル=120円の買い指値注文が約定する。
  • 1ドル=120円まで下がった後、相場は反転し上昇する予想だったが、予想が外れ、為替相場の急激な変動で1ドル=120円から117円まで暴落。
  • 1ドル=119円まで下落した際に、逆指値注文が発動され、無事決済が行われる。損失は1万円。
  • もし逆指値注文をいれていなければ、1ドル=117円で決済されていたので、損失は3万円でした。

 

このようにIFD注文をうまく使うと、レートをチェックしなくても、うまくリスクコントロールをして、利益を伸ばすことが可能なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加