【FX用語集】有利なレートで決済したい「指値注文」とは?

指値注文とは?

指値(さしね)注文とは、売買注文を出す時に、ズバリこの価格で売りたいや買いたいと思った時に、使う注文です。

「いくらになったら約定(やくじょう)させて」と為替レートを指定でき、よく使われる注文方法です。

 

例えば、1ドル=100円の時に、1ドル=99円になったら買ってもいいかな、と思ったとします。

そうしたら、1ドル=99円のところに指値注文をいれておけば良いのです。

そしたら、実際に1ドル=99円まで下がってきた時に約定します。

現状より有利なレートで約定させるのが、指値注文と覚えておけばいいでしょう。

 

指値注文の活用方法

実際に「指値注文」を活用してみましょう!

現在相場は円高に進んでいるとします。

現在のレートは、1ドル90円。

指値

 

でも、チャートを見た時にもう少し下がりそうな予感がしたとします。
どうせドル円を買うなら、安く買いたいですよね?

できるだけ安く買うことができれば、利益も狙いやすくなります。
そこで、ドル円の89円に指値注文を入れましょう。

そしてしばらく待つと、やはり予想通りに相場は下がり、ドル円は89円に到達!
めでたく指値注文が約定し、より安くドルを買うことができました。

 

さて、今度は決済注文の場合を考えてみましょう。

さきほど買ったドル円の89円の買ポジションがあります。
チャートを見ると、今度は相場が上昇に向かっています。まだまだ上向きは続きそうです。

せっかく安く買ったドル円。どうせ売るなら、高く売りたいですよね?
その方が、手元に利益を多く残すことができます。

高く売りたいので、ドル円を91円で指値注文を入れてました。

すると、予想通りに相場は上がり、ドル円は91円に到達!
めでたく希望通りの価格で売ることができ、利益を出すことができました。

指値

 

このように、「現在のレートよりも安く買いたい、高く売りたい」時に指値注文が便利です。

個人的には、持っているポジションを利益確定する際によく使っています。
指値をいれておけば、相場から離れても安心ですからね。

 

FX初心者向けに6日間で学べる特別コンテンツを作ったので、良かったら以下のリンクもどうぞ(^^♪

自分でいうのもなんですが、初心者の頃に「こんなコンテンツがあったらなぁ」っていえるものになっています(笑)

6日間FX初心者講座メニュー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

 

当サイトの人気記事