【用語集】取引する際に気をつけたい「ロスカット」とは?

ロスカットとは?

ロスカットとは、ポジションの評価損がある一定レベルに達したときに、さらなる損失の拡大を未然に防ぐためにある制度です。

その対象ポジションを、証券会社が反対売買により強制的に決済してしまいます。

主に相場が急変した時などに、投資家の損失が元本以上になるのを防ぐために、各証券会社で強制的にポジションが解消(損失が確定)されます。

強制ロスカットが発動するには、口座残高に含み損益を加味した純資産額と、今持っているポジションと新規で注文を入れているポジションに必要な証拠金の比率である「維持率」が基準です。

 

この維持率が50%を割ると、強制ロスカットとなるFX会社が多くなっています。

FXは「レバレッジ」をかけて、預けた金額以上の取引ができる金融商品です。

つまり、預けた金額以上の損失がでる可能性があります。

それを防ぐために、ある一定以上の損失が証拠金に対してでた場合、証券会社が強制的に決済を行います。

預けた金額以上の損失をされてしまっては、証券会社も取り立てが大変ですからね(笑)

 

口座の「有効比率」(=有効評価額÷必要保証金額)が、規定の値(証券会社により異なる)を下回った際に随時ロスカットを執行し、全ポジションを強制決済します。
これがロスカットの正体です。

有効比率=「有効評価額」÷「必要保証金額」×100(%)

有効評価額:口座全体の資産価値を計るための基準金額。【計算式】「資産合計」+「評価損益」
必要保証金額:ポジションを維持するために必要な金額。【計算式】「1Lotあたり必要保証金額」×「Lot数」

 

 

ロスカットとアラートメール

一般的に証券会社では、ロスカットの水準に近付いたことをお知らせしてくれます。

これは「アラートメール」と呼ばれます。

これは、いわば証券会社からの警告メールです。

「口座の状況が悪化しており、ロスカットが迫っています!」ということを知らせるためのメールです。
アラートメールが送られた時点では、何も起きません。

しかし、アラートメールが 送られてくるということは即ち、ロスカットが目前に迫っている、ということを意味します。
その時はもうすでに危険水域!十分注意してください。

FX取引をされる方は、証拠金維持率に注意しながら、ロット(取引量)を抑えるなど、損失を大きく出さないように意識しながらやりましょう!

 

FX初心者向けに6日間で学べる特別コンテンツを作ったので、良かったら以下のリンクもどうぞ(^^♪

自分でいうのもなんですが、初心者の頃に「こんなコンテンツがあったらなぁ」っていえるものになっています(笑)

6日間FX初心者講座メニュー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

 

当サイトの人気記事