»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

ビットコインなど仮想通貨投資を行う上でのリスク

仮想通貨   

ビットコインなど仮想通貨投資を行う上でのリスク

巷では、仮想通貨の話題が尽きませんね。

しかし、投資や投機をおこなう以上、リスクは付き物です。

単純な上昇相場なので、「初心者でも儲かる!」みたいな煽りをたまに見ますが、投資をするまえに、どのようなリスクがあるのか確認しておきましょう。

【目次】

  1. 送金・操作ミスにより仮想通貨資産がなくなってしまう
  2. 取引所がハッキングされたり、倒産するリスク
  3. 損失繰り越しできない総合課税の税金

 

送金・操作ミスにより仮想通貨資産がなくなってしまう

仮想通貨の送金は「アドレス」と呼ばれる、銀行振込でいうところの口座情報を元に行います。

たとえば、ビットコインアドレスは、1または3から始まる27~34文字の英数字からなっています。

ビットコインアドレスの例:1BitQEtcoxAnViwUYX9k6KupmmsEfWrGnr

このアドレスに対して、送りたいビットコインの数量を入力すると、かんたんに送金することができてしまいます。

 

しかし、もし仮にこの操作を間違えるとどうなるのでしょう?

送金したビットコインは相手に届きません。さらにビットコインはなくなってしまいます。

こうした誤操作によって、資産を失う可能性があるのが、仮想通貨の投資なのです。

銀行と違って、誤送金を止めることはできません。

すべて自己責任で送金をおこなうのが、仮想通貨の送金なのです。

銀行の方がコストが高いのは、こうした送金のチェックを行ってくれているからなのですね。

 

投資初心者の方は、海外に送金しようとしたりして、うまくいかずに資産をなくしてしまうケースもあるでしょう。

FXや株と違って、こういった操作ミスは自分で責任をとらなくてはいけません。

ウォレットのパスワードを紛失してしまった場合も、同様です。

自己管理のできる方なら問題ありませんが、ITリテラシーの低い方が投資をおこなうと、思わぬミスで資産を失うことになります。

 

取引所がハッキングされたり、倒産するリスク

みなさんご存知のビットコインをはじめとする、仮想通貨の売買は取引所を通して行います。

日本だと、代表的な取引所は、bitFlyerやCoincheckですね。

もしみなさんの使っている取引所が倒産してしまった場合、預けていた仮想通貨はどうなるのでしょうか?

FXや株などと違い、まだ仮想通貨の取引所は信託保全は完全ではないので、預けていた仮想通貨資産は、ほとんど戻ってきません。

 

また、仮想通貨は取引所が攻撃されることによる、ハッキングにより盗まれるリスクがあります。

不正ログインされてしまえば、簡単に仮想通貨は国境を越えて送金できてしまいますよね?

FXや株では、不正ログインされても出金は自分名義の銀行口座にしかできません。

こういった仮想通貨の便利な一面が、ハッカーたちに狙われることにもなっているわけです。

 

仮想通貨に投資をおこなう以上、情報漏えいには普通の投資以上に気を遣わなくてはなりません。

Coincheckでは、不正ログインによる盗難補償が100万円まで付託されていますが、それでも完全なものとはいえないでしょう。

 

損失繰り越しできない総合課税の税金

仮想通貨で利益を出した場合、当然税金がかかってきます。

FXや株は、分離課税といって、利益をあげた金額の約20%程度に税金が課せられます。

さらに、確定申告をしていれば、3年間の繰越控除が認められます。

去年1000万円損したけど、今年2000万円儲かった場合には、去年の1000万円の損失を今年の利益から引いたりできるわけですね。

 

投資は、毎年利益を上げ続けるのは難しいものです。

こういった損失繰越ができるかどうかは、結構重要だったりします。

 

仮想通貨の場合は、給与所得と合算した総合課税です。

以下の表を、みてください。

cointaxtable

 

給与所得と合算で4000万円以上利益をあげると、税率は45%になることがわかります。

さらに、金額にかかわらず、住民税10%が加算されます。

よって、仮想通貨の取引で利益を上げた場合、最大半分程度が税金となります。

そして、仮想通貨の投資は、損失繰越が認められていません。

市況がいい時に利益を上げてしまったものの、その後損失を重ねると、手元にお金が残りにくいシステムになっているんですね。

こういった細かい計算は、税理士に聞いてみてください。

 

そして一番怖いのが、セルフGOX(パスワードなくしたり自分で操作を誤り消失)すること。

 

仮想通貨の税制はまだまだ判例が少なく、これから整備されていくことになると思います。

 

ビットコインなど仮想通貨投資を行う上でのリスクまとめ

仮想通貨は、投資をするうえでいろいろなことに気をつけなくてはいけません。

いきなり仮想通貨に初心者がはいると、やけどすることもしばしば。

逆に、株とかFXから仮想通貨にはいった人は、こういったリスク管理を日頃からできているので、イージーな相場ですよ。

 

この仮想通貨バブルを機に、是非他の投資にも目を向けてみてください。

→【参考】これだけ知っていれば大丈夫!FX初心者がやるべき8つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加