»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

GMOコインの口コミ・評判・特徴まとめ

暗号通貨   

GMOコインの口コミ・評判って実のところどうなの?!

GMOインターネットグループが運営するGMOコインに関して、実際のところの感想って気になりますよね。

gmocoin01

 

GMOコインでは、かんたんにビットコインをはじめとする仮想通貨が売買できます。

そんなGMOコインの口コミや評判をメリットとデメリット別にまとめてみました。

■ メリット

  1. 大手GMOインターネットグループの会社なので安心できる
  2. 2wayプライス方式でわかりやすい価格設定
  3. 最大レバレッジは25倍!アルトコインのレバレッジ取引も可能
  4. スマートフォンアプリ「ビットレ君」が使いやすい
  5. 入金出金時などの各種手数料がゼロ
  6. いざという時も安心の追加証拠金制度がなし
  7. 最短1日で取引可能のスピード口座開設

■ デメリット

  1. アルトコインの取り扱いが少ない
  2. 大手の取引所と違って板が見えない

↓↓GMOコインの口座開設はこちらから(約5分で入力完了)↓↓
GMOコイン

 

【メリット1】大手GMOインターネットグループの会社なので安心できる

gmocoin02

GMOインターネットグループは、東証一部に上場していて、たくさんの子会社を持っています。

こういった大手の企業の資本がはいっているということは、僕たち顧客としては安心材料です。

資産運用を行うのに、会社自体の財務リスクがあっては、安心してお金を預けられません。

 

GMOコインは、母体が大手インターネット企業のGMOインターネットグループです。

GMOインターネットグループは財務的にも安定していますし、倒産させるようなことになれば、風評被害も避けられません。

知名度や財務状況などを考慮すると、ビットコイン取引会社の中では、安心できる部類と言えそうです。

GMOインターネットグループは様々な事業を展開していて、 GMOコインのサービスは安心して利用できると考えられます。

 

【メリット2】2wayプライス方式でわかりやすい価格設定

gmocoin003.PNG

GMOコインでは、仮想通貨FXにおいてビットコインのスプレッドも安心の300円。

 

他社のように、注文画面が煩雑でなく、板注文ではないので、画面上の価格ですぐに約定します。

cointrade05

初心者でも、わかりやすい価格設定で、仮想通貨取引が身近になりそうです。

さらにGMOコインの仮想通貨の現物価格ですが、スプレッドはビットコインで3,000となっています。

gmocoin07

 

ここで、ビットコイン販売所大手のbitFlyerのスプレッドをみてみましょう。

約46,000ものスプレッドがあることがわかります。

gmocoin08

他社に比べて狭いスプレッドも、GMOコインの大きな魅力の1つですね。

スキャルピングをやる方にとっては、ありがたいスプレッドです。

 

【メリット3】最大レバレッジは25倍!アルトコインのレバレッジ取引も可能

GMOコインでは、仮想通貨FXの最大レバレッジはなんと25倍。

現状のFXと同じレバレッジで、仮想通貨を売買することができます。

 

2017年11月7日時点では、イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインの取引が可能です。

gmocoin03

2017年11月中にリップル(XRP)の取り扱いもはじまる予定です。

さらに、後々ビットコイン以外のアルトコインのレバレッジ取引も可能になるとのこと。

 

国内で、アルトコインのレバレッジ取引が可能になる予定なのは、今のところGMOコインだけです。

↓↓GMOコインの口座開設はこちらから(約5分で入力完了)↓↓
GMOコイン

 

【メリット4】スマートフォンアプリ「ビットレ君」が使いやすい

gmocoin04

GMOコインでは、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用スマホアプリが提供されています。

GMOインターネットグループでは、GMOクリック証券なども運営しており、こういったアプリの使いやすさはダントツです。

 

テクニカル指標の利用も可能で、全9種類がチャートに表示できます。

【利用可能なテクニカル指標】
・単純移動平均線
・指数平滑移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・平均足
・MACD
・RSI
・DMI/ADX
・RCI

img_app_chart

スマートフォンから、こういったテクニカル指標を使って、本格的に取引できるのはGMOコインの大きな強みと言えるでしょう。

さすがのGMO!初心者にも使いやすいデザインになっていますね。

 

【メリット5】入金出金時などの各種手数料がゼロ

gmocoin05

GMOコインは、日本円の即時入金・出金、そしてビットコインの引き出しまで手数料が無料。

こういった各種手数料が無料なのは、顧客からしたら嬉しいですよね。

小さな金額でも、積み重なればおおきな金額になります。

投資をする際には、こういったコスト意識に目を向けたいところです。

 

【メリット6】いざという時も安心の追加証拠金制度がなし

GMOコインでは、追加証拠金制度(通称:追証)が発生しません。

証拠金維持率が100%を下回った場合、ロスカットアラートの通知が発生します。

なお、レバレッジごとに一定の証拠金維持率を下回った場合、自動ロスカットが執行されます。
レバレッジ5倍:75%
レバレッジ15倍:80%
レバレッジ25倍:85%

これによって、相場に熱くなることもなく、ロスカットも執行されるので、投資初心者の方も資産を保全しやすくなります。

投資をおこなう際には、レバレッジを抑えて、きちんと資金管理をしましょうね。

 

【メリット7】最短1日で取引可能のスピード口座開設

gmocoin06

GMOコインは、最短1日で取引可能になるスピード口座開設。

GMOクリック証券のノウハウを使っているので、こういった円滑な運営ができているのでしょうね。

やはり、大手なのでしっかりとした経営をしているからこそ、翌日には取引可能なのかもしれません。

 

すぐに仮想通貨の取引をはじめたい人にとっても、GMOコインがおすすめです。

↓↓GMOコインの口座開設はこちらから(約5分で入力完了)↓↓
GMOコイン

 

【デメリット1】アルトコインの取り扱いが少ない

GMOコインは、主要のビットコインをはじめとする取り扱い通貨ペアは、現在4種類(2017年11月7日現在)

取り扱いのあるアルトコインは、イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインのみです。

しかし、11月中にリップル(XRP)の取り扱いを予告しているなど、これから仮想通貨の取り扱いは増えていくと思われます。

 

初心者の方や、ビットコインしか取引されない方は問題ないかもしれません。

GMOコインにない仮想通貨を取引したい場合は、他の会社でカバーしましょう。

 

【デメリット2】大手の取引所と違って板が見えない

gmocoin09

これはCoincheckのトレード画面の一部ですが、取引所ではこういった板をみることができます。

しかし、GMOコインではこういった板をみることはできません。

なので、短期トレーダーの方は、需給やプライスアクションが読みづらく、少しトレードがやりにくくなるかもしれません。

2wayプライス方式なので、板に関係なく決まった価格で約定できるのはGMOコインの強みでもあります。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引をわかりやすくするために、この辺のデメリットは仕方ないのかもしれません。

 

【GMOコインの総評】

GMOコインのメリット・デメリットを紹介しましたが、総合するととてもいい会社だと思います。

GMOコインは、GMOインターネットグループの会社なので安心。
使いやすい2wayプライス方式で、スマホアプリの充実性も随一。
スマホトレーダーの方には是非使っていただきたいビットコイン取引会社ですね(^^♪

 

スプレッドも狭く各種手数料も無料なので、初心者からプロの方まで、口座開設は必須だと思います。

↓↓GMOコインの口座開設はこちらから(約5分で入力完了)↓↓
GMOコイン

 

【会社概要】GMOコイン株式会社

■ 社名 GMOコイン株式会社
■ 登録番号 関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
■ 資本金 資本金 17.58億円(準備金含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加