»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

仮想通貨ビットコインを保管するウォレットとは

暗号通貨   

仮想通貨ビットコインを保管するウォレットとは

取引所で購入したビットコイン等の仮想通貨を使うには、専用のウォレットが必要です。

最近では、ウォレット機能のある取引所も増えてきています。

しかし、取引所にある仮想通貨は絶えずハッキングのリスクに晒されており、秘密鍵も自分で管理できないためおすすめしません。

必ず専用のウォレットに使い、保管するようにしましょう。

wallet2

 

ウォレットには大きく分けて、ホットウォレットとコールドウォレットの二種類があります。

オンラインウォレット、オフラインウォレットと呼ぶこともあります。

 

ホットウォレットは常にインターネットに接続されているため、すぐに送金などに使用できるメリットがあります。
スマートフォンやPCからの支払いにはとても便利です。

しかし裏を返せば、常に外部からのハッキングのリスクが常につきまとうことになります。
使う際にはセキュリティに気をつけ、ホットウォレットには多額のビットコインは入れないようにしてください。

 

■ホットウォレット(オンラインウォレット)のメリット
・すぐに送金できたり日常の支払いに利用できたりと利便性が高い

■ホットウォレット(オンラインウォレット)のデメリット
・インターネットに接続されているので常にハッキングのリスクがある

 

コールドウォレットはビットコインをオフライン環境下で保管するウォレットです。
インターネットから切り離して保管するため、ハッキングリスクを気にする必要がなくなります。

セキュリティは万全ですが、現物で保管するため、保管のコストや場所など、物理的なセキュリティが必要になります。
またホットウォレットに比べると、送金などの際の手間がかかり面倒です。

日常的な少額決済には向かないので、多額のビットコインや長期間の保管用に適しています。

 

■コールドウォレット(オフラインウォレット)のメリット
・インターネット環境下から隔離されているのでセキュリティが高く長期での保管に適している

■コールドウォレット(オフラインウォレット)のデメリット
・送金や支払いなどの手続きが面倒

 

このようにウォレットにはいくつかの種類がありますが、それぞれメリットとデメリットがありますので、金額や用途に応じて、最適なものを選ぶことが重要です。
それでは基本を覚えたところで、各ウォレットの特性をまとめたので見ていきましょう。

【目次】

  1. デスクトップウォレット
  2. ウェブウォレット
  3. モバイルウォレット
  4. ペーパーウォレット
  5. ハードウェアウォレット
  6. 仮想通貨のウォレットまとめ

 

1.デスクトップウォレット

自分のコンピュータ上にソフトウェアをインストールして、ビットコインを管理する方法です。

 

■メリット
・自分のPCにインストールするだけでお手軽に利用可能
・ウォレット自体が高機能であるものが多い
・ウェブウォレットよりもセキュリティに優れている

■デメリット
・PCなので持ち運びが不便
・最初のインストール・設定等が面倒なものが多い
・PCが故障してビットコインが取り出せなくなる可能性がある
・PCがウイルス感染やハッキングを受けてビットコインを盗まれる恐れがある

 

通常のインターネットに接続したPCは、ウイルス感染やハッキングなどのセキュリティ面で不安が残ります。
そのため、長期にわたって大金を保管する用途であれば、オフライン環境下のPCに保存するのがおすすめです。

PCの場合、故障してもハードディスクが生きていれば問題ありません。
また、ウィルス対策には、常に最新のウィルス対策ソフトをインストールしておきましょう。

 

2.ウェブウォレット

ウェブウォレットは、その名の通りウェブ上にウォレットを作ります。
ウェブ上で簡単に作成でき、インターネットを通してどのコンピュータからもアクセスが出来ます。

blockchain

ウェブ上で簡単に作れる反面、基本的にウォレットのセキュリティ面はサイト運営者に委ねられます。
そのため、ウェブウォレットで仮想通貨を管理する際には、信用できるサイトを選ぶことが重要です。

ウェブウォレットのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

■メリット
・ウォレットの機能だけでなく、トレードなど様々なサービスを受けられる
・インターネット上にあるので、接続する場所が限定されない
・どのPCやスマホからも接続可能である

■デメリット
・ウォレットの権限を業者に渡すことになるので、信頼できる業者を選ぶことが重要
・何らかの理由で業者のサイトがダウンすると、ウォレットを使えなくなる
・ハッキングされると、ビットコインが失われる可能性がある

 

ウェブウォレットは、サイトがハッキングされ、管理している仮想通貨が盗難されたりするリスクがあります。
また、一時的にウェブウォレットを管理するサイトに接続できなくなった場合、ウォレットが利用できなくなる可能性もあるので、注意してください。

セキュリティに課題が多く残るため、大きい金額のビットコインを管理するのには、向いていないといえるでしょう。
セキュリティよりも、利便性に重きを置いたウォレットがウェブウォレットだと思ってください。

 

利用者としては、最も歴史が古く日本語対応しているBlockchain.infoが多いと思われます。
セキュリティの高さをうたっているウェブウォレットが多く登場していますが、大きい金額のビットコインはウェブウォレットに保管しておくべきではありません。

 

3.モバイルウォレット

iPhoneやAndroidの アプリとして動作する財布です。
QRコードが利用できる点や持ち運びができる点で、実際の店舗利用には非常に便利です。

mobile-wallet-img

また、PINコードや復元パスフレーズをメモしておけば、スマホの紛失盗難にも対応できるので必ずメモしておきましょう。

 

■メリット
・いつでもどこでもビットコインの取引ができる
・インターネットでウォレットを作る場合に比べて、安全性を確保できる
・ちょっとした買い物の支払いに使える

■デメリット
・スマホ紛失の危険性がある
・スマホが故障すると、ビットコインが使用不可になるかもしれない
・ウィルスなどに感染すると、ビットコインをすべて盗まれるかもしれない

 

インターネットに接続しないオフラインウォレットを除いて、一般にウェブウォレットよりは安全だと考えられます。

しかし、それでもセキュリティ面では不安があるため、大きな金額のビットコインの管理にはおすすめしません。

iOSはbreadwalletまたはCopay、AndroidはMyceliumまたはCopayがおすすめです。

モバイルウォレットは基本的に日々の支払い用途などで使いましょう。

携帯出来る利便性はありますが、PCに比べれば紛失の可能性が高いと考えられるためです。

秘密鍵を管理できるタイプのウォレットでは、秘密鍵を保管しておくことも重要です。

 

4.ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、アドレスと秘密鍵を文字通り紙に印刷して保管する方法です。
インターネット環境から隔離して保管するため、長期で安全に保管したい場合に向いています。

paper_wallet_2

文字通り、その紙自体が価値を持つことになるので、お札に少し似ている部分もありますね。

 

■メリット
・インターネットから隔離して保管できるのでハッキングなどのリスクがない

■デメリット
・現物を保管するのに労力やコストがかかる
・ちょっとした支払いなど日常での利用には向いていない

 

QRコードから簡単にアクセスできますが、このQRコードを読み込まれてしまうと、ビットコインを盗難されてしまいますので注意が必要です。
また、紙なので周りの人に配布する、といった使い方も可能です。

実際、ホリエモンこと堀江貴文氏が仮想通貨の本を出版した際、購入者に特典としてペーパーウォレットをつけるなどの利用方法で使われたこともあります。
ウイルス感染やハッキングのリスクはありませんが、現物を保管するのに労力やコストがかかるのが欠点です。

また、紙や印字の劣化により秘密鍵が読み取れなくなるリスクも存在しているので、長期保管時には堅牢な金庫に保管するなど、直射日光や高温多湿の環境を避けるなどして十分注意しましょう。

 

5.ハードウェアウォレット

専用のハードウェア端末にビットコインを保管する方法です。

ledger-nano-s-fold-medium

基本的には長期保管用であり、オフライン環境下で保存することが可能であるため、ペーパーウォレットと並んでセキュリティに優れています。

 

■メリット
・仮想通貨を保有する上で一番セキュリティに優れている
・インターネットから隔離されたオフラインの環境で保管できる

■デメリット
・若干の購入コストがかかる
・日常の少額の利用には不向き

 

パスフレーズやPINコードなどで厳重に保護されているため、ペーパーウォレットよりも安全であるとも考えられます。

またUSBでPCに接続すれば簡単に送金できる利便性も備えています。
購入にコストは掛かりますが、上記のように利便性とセキュリティを兼ね備えているので、ある程度の金額の仮想通貨を持っている人には必須のアイテムです。

 

ハードウェアというと本体が故障や紛失してしまったら中のコインはどうなるの?と心配になるかもしれません。

PINコードとパスフレーズをメモしておけば復元が可能なので、万が一のことがあってもビットコインを紛失することはないのです。

 

Ledger Nano Sはコストパフォーマンスも良く、リップル(XRP)Ethereumなど他の仮想通貨にも対応しているのでオススメです。

公式サイト(フッターの言語選択から日本語表示を選べます)

LedgerNanoimg

国内でも代理店等から販売されていますが、ハードウェアウォレットという特性上、仲介業者を通さないほうがいいでしょう。
マルウェア等ウイルスを仕込まれる可能性も0ではないため、少なくとも信頼できない業者や、知らない人から購入するのはやめましょう。

 

Ledger Nano Sは二個セットだとお得なので、余裕がある人は予備としてセットで買っておくと良いでしょう。
端末本体の日本語化はいずれもされていませんが、一部ハードウェアウォレットでは公式管理ソフトなどの翻訳がされています。

 

国内の販売代理店では、各製品の詳細ページや日本語マニュアルも公開されているので参考にしてください。

 

6.仮想通貨のウォレットまとめ

これまで5つのタイプのウォレットを比較してきました。

それぞれメリットとデメリットがありますが、仮想通貨の世界ではまずコインを安全に保管できることが何より重要です。

 

基本的には店舗決済や少額送金などの普段使いにはモバイルウォレット、それ以上のお金を長期間安全に保管するにはハードウェアウォレットと使い分けるのがおすすめです。

環境や用途に応じて適切に使い分けられるようになれば、より快適な仮想通貨ライフを送ることができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加