»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

ビットコインを有名にしたマウントゴックス(Mt.Gox)事件とは?

暗号通貨   

ビットコインの価格に大きな影響を与えて、仮想通貨の知名度をあげたものに「マウントゴックス(Mt.Gox)事件」があります。

スクリーンショット 2017-06-26 19.15.11

2014年2月、東京・渋谷に拠点を置く、当時としては世界最大級のビットコイン取引所「マウントゴックス(Mt.Gox)」が経営破たんし、経営者が逮捕されました。

ハッキングによって85万BTC(当時で45億ドル相当)が消えてなくなったといわれています。

当時、マウントゴックス(Mt.Gox)は世界のビットコインの70%を取り扱っていたくらい大きな取引所でした。

このニュースは、仮想通貨業界でも相当大きな衝撃のあるものだったといえるでしょう。

 

メディアでは、「ビットコインが破綻」などと騒がれましたが、本質はまったく別のところにあります。

「中央銀行なしで通貨制度を維持できるはずがない」という趣旨のコメントが、世間を席巻しました。

この事件で明らかになったのは、ビットコインやブロックチェーンの技術に問題があったわけではありません。

むしろ、このような大きな事件が起こった後でも、ビットコインは正常に機能しています。

 

破綻したのは、ビットコインと通貨を交換する取引所の1つに過ぎず、ビットコインそのものではありません。

例えば、皆さんが証券会社を通して、ソフトバンクの株式を購入しました。

しかし、その取引に使っていた証券会社が倒産してしまいました。

でも、ソフトバンクが破綻したわけではないですよね?

あくまでも破綻したのは、取引に使っていた証券会社で、ソフトバンクには何の問題もありません。

 

マウントゴックスが破綻しても、ブロックチェーンの更新作業は、何ら支障なく続いていました。

そう、ビットコインの取引は世界のどこかで何一つ問題なく行われていたのです。

ビットコインは破綻したのではなく、むしろ世界の70%を扱う取引所が破綻しても、正常に動作するという事実でした。

ビットコインは、誕生から今日まで、誰の手を必要ともせず、ビットコインネットワークを機能させ続けています。

これは、歴史的に見てもすごいことなんです。

 

このマウントゴックス事件の問題点は、取引所リスクが明らかになったことでしょう。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入するには、一旦取引所にお金を預ける必要があります。

取引所は、お客様の資産を預かるわけですが、それを社長や社員が勝手に使ったりしてしまうリスクがありますよね。

これは、ビットコインの問題ではなく、投資をする際に取引所の選び方を間違えることによって生じます。

 

また、当時はビットコインの取引所もセキュリティが弱く、ハッキングされて、顧客のビットコインが盗まれたのでは、とも言われています。

こういったシステムの脆弱性をついたハッカーが、大量にビットコインを盗んだ可能性もあるのです。

取引所リスクなど、ビットコインなどの仮想通貨に投資する前には、以下のリスクをきちんと理解してからにしましょうね。
→【参考記事】仮想通貨に投資する前に知っておきたい2つのリスクとは

 

しかし、ここで冷静に考えてみましょう。

価値のないものを、ハッカーは盗みだそうとするでしょうか?

ビットコインなどの仮想通貨は決して怪しいものではなく、きちんとした価値があるものだからこそ、狙われるとも言えます。

仮想通貨は、もはや価値のある立派な金融商品の一つなのです。

 

こういったマウントゴックス事件のような悲劇を避けるためには、できるだけ安心できる取引所を使う必要があります。

また、高額な仮想通貨の管理は、コールドストレージなどのオフラインで保管する必要もあるでしょう。

 

まだ仮想通貨は、法整備が整っておらず、未熟なマーケットです。

しかし、未熟なマーケットだからこそ、大きな値上がりが期待できるのも事実です。

このサイトでは、比較的安心できる取引所を紹介していくので、不安にならないでくださいね♪

 

ビットコインをはじめとする様々な仮想通貨を売買するには、「Coincheck」がオススメです。

国内でも取引高が大きく、仮想通貨の盗難補償もあるので、安心できますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「Coincheck」の口座の作り方は、以下の記事を参考にしてくださいね。
簡単にビットコインデビュー!Coincheck(コインチェック)口座の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加