»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

仮想通貨に投資する前に知っておきたい2つのリスクとは

暗号通貨   

仮想通貨に投資する前に知っておきたい2つのリスクとは

ビットコインを始めとする仮想通貨に投資をする前に、まずは「その投資を行うとどんなリスクがあるのか」を知っておかなくてはいけませんね。

仮想通貨への投資を行うにあたって、注意すべきリスクが2つほどあります。

1.パソコンやスマホが壊れたりウィルスに感染してしまう
2.取引所がハッキングされる又は倒産するリスク

 

1.パソコンやスマホが壊れたりウィルスに感染してしまう

投資をする際に、株式もFXも基本的に証券会社にお金を預けて行います。

その証券会社を通して、株式や外貨の売買を行って、利益を上げていきます。

買った株式や外貨などは、自分の手元ではなく、インターネット上から証券会社の口座にアクセスしてみることができますね。

つまり、今までの金融商品の投資は、資産が自分の手元になく、第三者(この場合証券会社)に預けているのが基本でした。

これは、銀行預金も同様です。預金という金融商品を買うために、銀行に預けているのと同じなのです。

 

これに対し、ビットコインを始めとする仮想通貨への投資はどうでしょうか?

仮想通貨の資産は、ウォレットと呼ばれるプログラムを自分のパソコンやスマホなどの機器にインストールして保管します。

つまり、証券会社や銀行などに預けるのではなく、自分の手元で保管・管理をしなくてはいけません。

そのため、パソコンやスマートフォンが壊れたりすると、仮想通貨の資産を失うリスクが出てきます。

また、ハッキング被害やウィルスに感染する可能性もあるのが怖いところです。

 

従来は、証券会社や銀行が、多大なコストをかけてこれらのリスクから顧客の資産を守っていました。

仮想通貨を自分で保管するということは、こういったリスクに自分で対処しなくてはなりません。

パソコンやスマホなどの機器が壊れた場合は、秘密鍵やパスフレーズを使うと簡単にデータを復元できます。

ビットコインを始めとする仮想通貨は、デジタルデータなので、いざという時に復元できるよう、こういった仕組みになっています。

 

しかし、秘密鍵やパスフレーズを忘れてしまうと、さあ大変です。

仮想通貨を保有していても、それらが使えなくなってしまうからです。

秘密鍵やパスフレーズは、こういった不測の事態に仮想通貨を復元するのに必要になるので、必ず忘れないようにメモしておきましょう。

 

ウィルスの感染を防ぐには、インターネットに繋がっていない状態で仮想通貨を保管するのが一番です。

テーブルの上に現金を置いておくと、泥棒が家に忍び込んだ時に簡単に持っていかれますが、金庫に厳重に保管しておけば、泥棒も持って行きづらいですよね?

この金庫のような発想で、「コールドストレージ」という「インターネットから隔離した場所に仮想通貨を保管してしまおう!」という方法です。

USBメモリや外付けハードディスクで保管が一般的ですが、これらはハッキング対策にはなるものの、物理的になくしたり盗まれたりするリスクが生じてきます。

 

仮想通貨はデジタルデータなので、インターネットを通して利用することが一般的です。

そのため、インターネットにつながっていない状態では、利用するのにとても不便になります。

コールドストレージによる保管は、大きい金額をハッキングリスクなどから守りたい場合のみに使うことになりそうです。

ハッキングリスクを軽減するためには、お使いのウィルス対策ソフトを最新に保つのも、1つの有効な手段といえるでしょう。

 

2.取引所がハッキングされる又は倒産するリスク

仮想通貨を投資する際に、一旦お金を取引所に預けなくてはなりません。

そのため、取引所がハッキングされたりすると、取引所内に預けた資産が盗まれる危険があります。

仮想通貨は、送金も容易なので、勝手にログインされて他の人のウォレットに送金されてしまうと、その資金を追うのは困難になります。

このため、取引所に資産を預ける際には、最低でも二段階認証を導入しましょう。

 

また、仮想通貨への投資はまだ始まったばかりなので、顧客の資産を保全する方法が、他の金融商品に比べ万全ではありません。

銀行なら1000万円までの普通預金の保証があったり、FXなら顧客の資産は信託銀行で保管されるなど、手厚く保護されています。

このため、銀行やFX会社が倒産しても、皆さんのお金はきちんと守られるようになっているのです。

仮想通貨への投資は、現時点でこういった取引所リスクが他の投資に比べて高いを言わざるを得ないでしょう。

 

また、初期のFX会社がそうだったように、顧客の資産を持ち逃げするケースも少なからずあります。

ビットコインを一躍有名にした、Mt.Gox(マウントゴックス)の事件などが典型的な例ですね。

 

この辺りは、金融庁が制度をしっかりと整えていくと思うので、危ない取引所は淘汰されていくものと思われます。

このサイトでは、きちんとした上場企業が出資していたり、たくさんの顧客がいて取引高が多いところなど、比較的安心できる取引所を紹介しているので、安心してくださいね。

国内の取引所であるCoincheckでは、顧客が不正ログインによって損害を受けた場合、被害額を補償するというサービスを行っています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「Coincheck」の口座の作り方は、以下の記事を参考にしてくださいね。
簡単にビットコインデビュー!Coincheck(コインチェック)口座の作り方


こういった取引所を使っていくことによって、取引所リスクを抑えることができますね。

取引所も複数に分散しておくと、取引所リスクを最小限にすることができそうです。

国内だとbitflyerやZaifなどもおすすめですよ。

 

このようなリスクをきちんと理解した上で、仮想通貨への投資は行っていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加