»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

はじめてでもわかる!ビットコイン(Bitcoin)とは?

暗号通貨   

ビットコイン(Bitcoin)とは?

ビットコイン(Bitcoin)は実体がなく、バーチャルな通貨で、特定の国に属さず、参加者みんなが運用する、仮想通貨の一種です。

ビットコインを説明するとこうなってしまうのですが、なんだか難しく見えますよね。

そこで一言でまとめると、「ビットコインはインターネット上に存在するバーチャルなお金」だと思ってください。

バーチャルで使えるものとして、電子マネーや企業が発行するポイントがありますが、これらは通貨ではありませんよね。

しかし、きちんと通貨としての価値を持っている仮想通貨、それがビットコインです。

bitcoin

 

今回は、「初心者向けに簡単に学べるビットコイン講座」なので、目次から気軽に読み進めてみてください(^^♪

【目次】

  1. ビットコインと電子マネーの違い
  2. 日本円やユーロやドルのような通貨とビットコインの違いはどこにある?
  3. ビットコインでできることってなに?
  4. ビットコインってどうやって入手するの?
  5. ビットコインを支えるブロックチェーンとは?
  6. ビットコインの価値の源泉は「通貨の信用」
  7. ビットコインまとめ

 

1.ビットコインと電子マネーの違い

それでは、仮想通貨であるビットコインと「電子マネー」はどのように違うのでしょうか?

日本でも楽天Edy、Suica、PASMO、nanaco、WAONといったように、日常生活でもいろいろな電子マネーが利用されていますね。

densi_money

 

共通しているのは、どちらも実物がないということです。

そして大きな違いは、通貨の管理をしている人たちでしょう。

 

ビットコインなどの仮想通貨は、P2Pという分散ネットワークでみんなで運用しているのに対し、電子マネーは企業が発行し、管理しています。

また、仮想通貨は国内外を問わず送金できますが、基本的に電子マネーは決済で使うことはできても、送金はできません

 

そして、電子マネーは国の通貨に基づいたお金ですが、ビットコインなどの仮想通貨は、それ自体が通貨として存在するため、為替変動リスクがあります。

仮想通貨であるビットコインと電子マネーは、同じ実態がないお金でありながらも、実はこんなに違うものなんですね。

 

2.日本円やユーロやドルのような法定通貨とビットコインの違いはどこにある?

日本円であればJPY、米ドルであればUSDなどという単位があるように、ビットコインは、1BTC(ビットコイン)という単位で取引されています。

そして、ビットコインの価格は、FXなどの外貨取引と同じように変動制となっています。

価格は主に需要と供給で決まっており、「ビットコインをほしい」という人が増えれば、その分だけ価格も上昇します。

逆に、「ビットコインはいらない」という人が増えれば、その分だけ価格が下がってしまいます。

 

ビットコインと既存の通貨の最大の違いは、なんでしょうか?

それは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。

ビットコインは、国家や企業が運営している通貨ではないのです。

日本国内の取引では、「円」が使われますし、米国内の取引では「ドル」が使われます。

このように、各国の経済活動は自国通貨と切っても切れない関係にあります。

 

円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も「ビットコインの発行・流通」には関わっていません。

電子マネーであれば、企業が管理するお金ですよね。

 

しかし、ビットコインには、通貨を管理する管理主体が存在しません。

国や企業が管理、運営しているのではなく、個人(マイニングを行う人)のコンピューターの力を借りて、ビットコインは運営されています。

データを分散ネットワークで運用することにより、ビットコインにおける新しい通貨の発行や、取引の詳細情報が共有されていく仕組みとなっています。

このように「通貨の管理主体がない」ということが、今までのお金と仮想通貨であるビットコインの最大の違いだと思います。

 

仮想通貨と法定通貨(円、ドル、ユーロなど)と電子マネーの違いを表にまとめると、以下のようになります。

仮想通貨表

 

3.ビットコインでできることってなに?

3-1.ビットコインの売買でリターンを得る(投資)

ビットコインの利用でいまのところ一番多いのは、この「投資」でしょう。

ビットコインの急激な価格変動は、ビットコインへの期待と不安の大きさの現れです。

bitcoin_chart

ビットコインなどの仮想通貨は、インターネットを通じて、とても簡単に売買できます。

ビットコインの価格が安いときに買って、高いときに売ることで、その差額で利益をあげることができます。

このあたりは、株式やFXなどの投資と、感覚が似ているかもしれませんね。

 

実はビットコインは、数千円という少額から売買もできるので、とても敷居が低い投資なのです。

株式などは数多くの銘柄があって、企業の財務状況や成長性はもちろん、世界経済の流れもチェックしなくてはなりません。

それに対して、ビットコインは欲しい人が多ければ上がるなど、需給の要素が強く、価格の決まり方がシンプルで、投資しやすい傾向があります。

 

日本国内で、ビットコインは「Coincheck」という取引所で購入することができます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「Coincheck」の口座の作り方は、以下の記事を参考にしてくださいね。
簡単にビットコインデビュー!Coincheck(コインチェック)口座の作り方

 

3-2.買い物の代金などをビットコインで支払う(決済)

お店で買い物したり、食事をしたりしたときに、いろいろな支払い方法があります。

現金で支払う、クレジットカードで支払う、Suicaなどの電子マネーで支払うなどなど。

これと同じように、ビットコインでも支払いができるのです。

 

ビットコインは通貨なので、商品代金相当のビットコインを支払えばよいのです。

もちろん、ビットコイン決済が対応している場所でなくては決済できません。

取り扱い店舗でしか決済できないのは、電子マネーと感覚が似ているかもしれませんね。

 

大手のAmazonでもビットコインで支払うことができるようになっていますし、実店舗でもビットコインで支払えるところが登場しています。

実際の例として、東京の青山に店舗がある「Nail&Eyelash fr:m表参道店【フルーム】」でも、はやくからビットコイン決済を取り入れているようです。

 

3-3.他の誰かにビットコインを送る(送金)

海外では、送金の手段としてビットコインが便利に使われています。

ビットコインで送金した時にかかる時間は数分程度であり、かかるコストは数十円~数百円程度です。

send_money

 

銀行の海外送金では、お金が届くまで数日間かかり、手数料も1万円程度と高額です。

銀行送金では、コルレス銀行といって、いくつかの銀行を経由したりすることもあり、どうしても手数料は高額になってしまいます。

 

こうした背景から、海外からの出稼ぎ労働者などは、母国への仕送りにビットコインを使ったりし始めています。

着金もはやく、手数料も安ければ、ビットコインで送金したいというニーズがあるのは当然ですよね。

こういった利用が増えて、海外送金の在り方が変わるのも、時間の問題だと思われます。

 

3-4.少額の寄付や投資に使う(ファンディング)

送金の手数料が安いということを活かして、国内外で発生した大規模災害や発展途上国の教育支援への少額の寄付に、ビットコインはとても向いています。

また、ビットコインは現金と違い、ブロックチェーン技術が使われているので、後から自分のお金がなにに使われたのか、見ることもできます。

不正利用を防ぐ意味でも、こういった使い方が注目されているのが、ビットコインなのです。

 

4.ビットコインってどうやって入手するの?

4-1.取引所を通して自分でビットコインを買う

ビットコインは通貨なので、ドルやユーロと同じように、日本円から両替するのと同じ感覚で、手に入れることができます。

日本円を払って、ビットコインを手に入れることを「ビットコインを買う」といいます。

逆に、ビットコインを払って、日本円を手に入れることを「ビットコインを売る」といいます。

 

こうした売買は、ビットコインを取り扱っている取引所を通じて行います。

bitcoin_buy

 

ビットコインは仮想通貨なので、現物がなく、取引所にも銀行の窓口みたいなものはありません。

すべてオンライン上で完結するので、取引所にネット接続して、パソコンやスマートフォンで簡単に買うことができます。

 

このあたりは、FXでドルやユーロを買うのと同じ感覚ですね。

国内の「Coincheck」という取引所では、実際にビットコインをはじめとするいくつかの仮想通貨を、買うことができます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「Coincheck」の口座の作り方は、以下の記事を参考にしてくださいね。
簡単にビットコインデビュー!Coincheck(コインチェック)口座の作り方

 

短期的に見れば、ビットコインは円やドルの相場に比べて、値動きが激しく、先読みしづらいかもしれません。

しかし、長期的にみれば、ビットコイン市場そのものが発展途上なので、値上がりが期待しやすいと思います。

 

4-2.自分で掘り当ててビットコインを手に入れる「マイニング」

ビットコインは、新しく掘り当てる「マイニング」という作業でも、入手することができます。

ビットコインは、参加メンバーがお互いに承認しあうことによって、運営されています。

この承認作業を、「マイニング」と呼んでいます。

 

世界中でのビットコインの取引を承認するには、膨大なマシンパワーが必要です。

この承認作業に参加し、見事1位になったひとには、報酬としてビットコインが支払われます。

ビットコインには、国や中央銀行のような発行体はありませんが、約10分ごとに繰り広げられるマイニング競争の勝者に対して、一定のビットコインを新規発行します。

 

お互いに承認する作業を、ボランティアにしてしまうと、誰もやらなくなってしまいます。

そのため、ビットコインにはこういった報酬が与えられる、インセンティブがうまく取り入れられています。

 

現在は、承認作業がとても複雑になり、とても個人が参入できるものではありません。

手っ取り早くビットコインを手に入れるには、既に市場に出回っているビットコインを買うのが一番簡単でしょう。

 

5.ビットコインを支えるブロックチェーンとは?

ビットコインを始めとする仮想通貨を支える技術として、「ブロックチェーン」というものがあります。

銀行は中央サーバー顧客の台帳(残高や入出金履歴)を管理していて、履歴を改ざんしようと思ったら、この銀行の中央サーバーを攻撃しなくてはなりません。

こんなことが起きたら大変なので、銀行は中央サーバーのセキュリティに大きなコストをかけています。

 

一方、ブロックチェーンでは、この不正を防ぐ発想がまったく異なります。

中央サーバーのセキュリティを高めるのではなく、顧客の台帳をネットワークに繋がっている不特定多数のコンピューターに分散させ、共有するという方法をとっています。

そのことから、ブロックチェーンは、「分散型台帳技術」といわれています。

server_network

 

ブロックチェーンを使うことで、中央サーバーが必要なくなります。

そうすると、これまで中央サーバーの維持に必要だったコストがなくなります。

この不正防止コストが削減できた分だけ、送金手数料や両替手数料が安くなるのです。

ブロックチェーンのイメージとしては、誰がいつどんな取引をしたか、誰がいくらビットコインを持っているかなどが記録された通帳を、何百万人で保有していると考えてください。

もちろん、ブロックチェーン上では、保有者は匿名なので、誰が保有しているからわかりません。

 

銀行は情報を中央サーバーに集め、莫大なセキュリティ費用をかけて守っているのに対し、ブロックチェーンでは何百万というユーザーを存在させて、データを照会することで、ほとんどコストをかけず不正ができなくなるようにしています。

不正をおこなおうと思っても、銀行なら中央サーバーを書き換えなくてはいけません。

しかし、ブロックチェーンでは何百万人のユーザーをハッキングして、その1つ1つを改ざんしなくてはならないので、とても難しいのです。

 

6.ビットコインの価値の源泉は「通貨の信用」

通貨は、基本的に「信用」で成り立っています。

紙幣の「一万円札」をつくる原価は、20円ほどです。

銀行に預金してある1万円や電子マネーの1万円は、ただのデジタルデータなので、コストはほとんどゼロです。

 

それが1万円として使えるのは、紙幣を誰もが「1万円の価値がある」と信じているからです。

今ある通貨の「信用」を支えているのは、国に対する信用です。

 

では、ビットコインに対する「信用」はどこから生まれるのでしょうか?

ビットコインの場合、大きく分けて3つあります。

 

6-1.誰も偽造・改変できない

中央集権的な組織を持たないビットコインの場合、信用を支えているのは、国や、その国の通貨を発行している中央銀行ではありません。

「全員が過去の取引記録を相互認証する仕組み」(ブロックチェーン)があって、誰もそれを偽造したり、過去に遡って改変できないと信じているからです。

 

逆に言うと、技術的な欠陥が見つかって、誰かが後から改変できるとわかった瞬間、価値は暴落します。

ビットコインは誕生から今までに、こうした技術的な問題は見つかっていません。

ビットコインの「ブロックチェーン技術」をみんなが信じているからこそ、そこに信用が生まれているんですね。

 

6-2.特定の国や人の支配をうけない

ビットコインは、特定の国や企業によって発行されるものではありません。

10分ごとにおこなわれる承認レースの勝者に対して、一定のコインが発行されるのは、ビットコインのルールで変更できません。

つまり、誰かがビットコインを大量に発行したりすることはできないのです。

 

世間に出回るお金の量を調整して、景気を刺激する金融政策は、世界各国で行われています。

しかし、ビットコインには、中央銀行がないので、流通量はコントロールできません。

 

そのため、どこか特定の国の思惑に左右されることなく、安定的に流通量が増えていきます。

また、運用のルールがオープンに共有されていることも、みんなが信用している理由でしょう。

 

6-3.有限である

ビットコインをはじめとする、仮想通貨はデジタルデータだけに、その気になれば無尽蔵に増えそうですが、ビットコインの発行枚数には上限があります。

ビットコインは、2100万枚発行された時点で、打ち止めになるのです、

計算上は、2141年にすべてのビットコインが掘り尽くされる予定です。

 

昔、金や銀などの希少な金属が通貨の役割をはたしてきたのは、量が限られているからです。

ビットコインも、有限で「希少性がある」からこそ、価値があると認められているのです。

 

7.ビットコインまとめ

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、まだまだ発展途上であり、これから大きな値上がりが期待できそうです。

いろいろな種類の仮想通貨がありますが、まずは一番メジャーなビットコインから、仮想通貨ライフを始めてみても面白いかもしれませんね。

ビットコインなどの仮想通貨を取引するには、国内だと「Coincheck」がおすすめです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「Coincheck」の口座の作り方は、以下の記事を参考にしてくださいね。
簡単にビットコインデビュー!Coincheck(コインチェック)口座の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加