»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

【書評】君に友だちはいらない(瀧本哲史)

書評   

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

posted with amazlet at 15.05.03
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 6,747

 

「君に友だちはいらない」

こんな衝撃的なタイトルの本もなかなかないでしょう笑

内容は至極真っ当です。

傷を舐め合うだけの友だちなんかいらない。
あなたが必要なのは、これからの時代を戦い抜くための「仲間」だ。

印象に残ったことを、以下にまとめておきます。

 

印象に残ったこと

■ 世の中を帰るのは「世代交代」

大きな世の中のパラダイムシフトというのは、「世代交代が引き起こす」。
世の中を変えるのは、いつの時代も、世界のどこであっても、古いパラダイムや価値観にとらわれていない新人である。

 

■ 世の中を変えるのは、少数の良いチーム

良いチームの条件は、以下の通りである。
1.少人数である
2.メンバーが互いに補完的なスキルを有する
3.共通の目的とその達成に責任を持つ
4.問題解決のためのアプローチの方法を共有している
5.メンバーの相互責任がある

 

■ 倒産寸前のタクシー会社の社長に就任した時の言葉

当時1900億円もの負債があった日本交通の再建にて、代表取締役に就任した時のエピソード。

マッキンゼーにいた頃は、連日のように仕事が終電すぎまででした。
私は毎日タクシーを使って、帰宅していました。

正直な話を言うと、ある時まで日本交通の車にはほぼ乗りませんでした。
その理由は、業界最大手ということで態度が悪いイメージがあったし、個人タクシーの方が、グレードが高く、快適であったからです。

ところがあるとき、タクシーを呼ぼうとしたら、いつも使っている個人タクシーの組合の車が出払ってしまっていました。
仕方なく日本交通のタクシーを呼んだところ、すごく丁寧な運転手の方でした。

「こんな遅い時間ですから、どうぞお休みになってください。目的地につきましたらお知らせ致します」と言ってくれました。

僕はその言葉に嬉しくなり、運転手さんに「ありがとうございます。タクシーに乗ってそういって頂いたのは初めてです。日本交通では他の運転手さんもみんなそういう風に声をかけているんですか?」と訪ねました。
するとその人は、「いえ、私が勝手にやっていることです。日本交通は業界ナンバーワンの会社ですから、運転手もそれにふさわしいサービスをしないといけませんからね」と答えました。

それを聞いて私は「このブランドは一夜ではつくれない」と感じました。
今では多くの負債を背負ってしまいましたが、運転手さんが「自分たちはタクシー業界のナンバーワン企業である」と信じて、努力している姿を目の当たりにし、こういう会社ならば必ず再建できると思ったんです。

ですから私は、数年前に出会ったあの運転手さんが思い描いていたような、「本来の日本交通」を取り戻すお手伝いとしたい、と思ってこの企業にやってきました。
日本交通が本当の姿を取り戻したとき、私はこの会社からいなくなります。
それまでどうぞ皆さん、どうぞご協力をお願いいたします。

 

■ 貧困の代償

貧困は人から「逃げ道」を奪う。
長時間のきつい労働が強制されるブラック企業でも、働き続ける人がいるのは、そこで得られる僅かな給料がなければ、その人は暮らしていけないからである。

 

■ 友だちはいらない

夢を語り合うだけの「友だち」はいらない。
あなたにいま必要なのは、ともに試練を乗り越え、ひとつの目的に向かって突き進んでいく「仲間」だ。

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

posted with amazlet at 15.05.03
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 6,747
  • このエントリーをはてなブックマークに追加