»『【口座開設完全無料】のおすすめFX会社をランキング形式で紹介!』
田畑昇人のFXブログ

【書評】インベスターZ 1巻

書評   

インベスターZ 1巻

インベスターZ(1) (モーニング KC)
三田 紀房
講談社 (2013-09-20)

 

ついに買ってしまいました、インベスターZ。

ドラゴン桜と著者が一緒で、今回のテーマは「投資」

北海道札幌市にある道塾学園は、全国屈指の学業成績を誇る私立の男子中高一貫校。炭鉱開発や漁業によって財を成した豪商・藤田金七により創設された。彼の方針により、開校以来生徒やその家族には授業料などの金銭的負担を一切かけないことになっている。
入学試験満点の成績で道塾に入学した財前孝史は、始業初日の放課後に野球部の活動に加わろうとしていたところ、ちょうど野球部まで案内するという先輩に出会う。しかし、行先は校内図書館奥の扉からさらに先にある地下室であった。そこでマージャンをして遊んでいた数人の生徒は、自分たちは学校の運営資金を稼ぎ出す「投資部」であると名乗る。
財前は、得体の知れない投資部という存在に疑念を抱きながらも、マージャンで遊べるのならということで活動に参加することにする。

結論から言うと、この漫画…

圧倒的に買いですね!!

漫画で「投資」が勉強できるのはすごい。

しかも、わかりやすい。

印象に残ったシーンをピックアップしていきます。

 

 

印象に残ったシーン

IMG_2647

「誘惑に負けるヤツ、ルールもロクに知らないのに首を突っ込むヤツは、結局はカモになるんだよ」

現実の世界においても、一緒ですね。

「教育費を高いと思うなら、無知を試してみるがいい」

という言葉があるくらい、勉強しない人は騙されます。

 
IMG_2648

「一流になれないものを目指してどうするの?的外れなところで頑張ることに価値なんてない」

人生は選択と集中。勝てる分野に集中的に時間を割くことが重要ですね。

 

 

IMG_2650

「株は法則でやれ」

感情に流されていては、利益を積み重ねることはできません。

 

インベスターZ 1巻

インベスターZ(1) (モーニング KC)
三田 紀房
講談社 (2013-09-20)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加