田畑昇人のFXブログ

上級トレーダーがFX口座選びが原因で大損してしまった理由

FX   

上級トレーダーがFX口座選びが原因で大損してしまった理由

2016年9月21日、日銀金融政策の発表の後、僕のメインFX口座であるデューカスコピー・ジャパンのレート配信が停止し、注文が執行されない事象が発生しました。

その時の対応が、以下のメールになります。

dukas1

dukas2

 

レート配信は停止していたものの、僕がクリックした注文はサーバーには届いていたみたいで、その時のレートで注文を執行した対応にして頂けました。

差額の69万3000円が後日補てんされていたので、NDDブローカーとしてはとても優秀な対応をしてくれたと思います。

NDDと謳っているブローカーは、基本的にECNに注文を流しているので、今回のシステムトラブルでは、会社側が顧客側の損失を被ったと考えられます。

システムエラーが起きないに越したことはありませんが、万が一起きた時にも会社側の対応1つで僕らの命運が決まるだけに、こういった優良な対応をして頂けるブローカーは進んで使っていきたいですね。

 

NDDと謳っているブローカーで、楽天証券がありましたが、2015年8月24日のチャイナショックで、他社より1円近く乖離しているレートを配信した時の対応とは雲泥の差です。

参考記事→楽天証券(旧FXCM)は悪徳・詐欺ブローカーなのか?

このように、FX口座を1つしか持っていないとシステム障害で取引できなくなった時に、機会損失が生じる可能性があります。

僕は大口の注文が入るブローカーでヘッジしたりしていたので、大丈夫でした。

%e5%a4%96%e7%82%ba%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%88

 

 

投資の格言で「卵は一つの籠に盛るな」という格言があります。

FX口座も一緒で、1つの会社しか持っていないと、いざという時にヘッジしたりできず、損失が広がるばかりか、機会損失まで生まれてしまいます。

 

こういった事態に備えるためにも、FX口座は複数持っておく必要があるのです。

初心者の方に、おすすめのFX口座を3つ張っておくので、こういった事態に備えるためにも、口座開設してしっかりと備えておきましょう(^^♪

 

初心者におすすめFX会社【DMM.com証券】

↓↓期間限定オリジナルレポート配布中↓↓
DMM FX
「東大院生が考えたスマートフォンFX」をプレゼント中!!【DMM FX】

初心者におすすめFX会社【ヒロセ通商】

ヒロセ通商
FX老舗で取り扱い通貨ペアが豊富な【ヒロセ通商】

初心者におすすめFX会社【YJFX!】

YJFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】
外貨預金よりも安い手数料!!外国為替証拠金取引【外貨ex】

 

1ショット200万通貨以上取引される方は、こちらのFX会社がおすすめです。

上級者におすすめのFX会社【デューカスコピー・ジャパン】

↓↓デューカスコピーの口座開設はこちらから↓↓
デューカスコピー・ジャパン

 

「一流の結果を出すには、一流の準備から」

日頃からシステムエラーを含めたあらゆるリスクを想定して、しっかり準備したうえでFXに取り組みたいものですね。

 

参考記事→東大生が選ぶおすすめFX(外国為替)会社

参考記事→日本で一番信頼できるNDDのFX業者はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加