田畑昇人のFXブログ

ボリンジャーバンド

FX   

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、統計的なアプローチにより相場の反転やトレンドの発生を判断するテクニカル指標です。

なんだか難しそうですね笑

 

ボリンジャーバンドとは、統計学を使って、相場を分析するテクニカル指標と覚えてもらえればいいです。
とりあえず実際に使ってみましょう!!

ボリンジャーバンドは±1σ、±2σ、±3σの三つのバンドで構成されています。

ボリンジャーバンド

 

±1σのバンドの間(黄緑色)にローソク足が収まる確率が約68%。
±2σのバンドの間(オレンジ色)にローソク足が収まる確率が約95%。
±3σのバンドの間(赤色)にローソク足が収まる確率が約99%。

 

逆張りをする時に、主に使える指標ですね。

個人的には±2σのみを表示してトレードを行っています。
±2σのバンドすれすれにローソク足がはっていたら、そこで反発する可能性が高いと考えられます。

上記の図をみても、±2σのバンド内(オレンジ色の線)でローソク足が収まっている事が分かりまね。
真ん中の白色の線は移動平均線です。

 

ボリンジャーバンドの数字の設定期間ですが、21で行っています。
ほとんどのアプリの初期設定の数値のままですね。

 

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドでは、2つの点に注目します。

為替レートがバンドに対して、どの位置(移動平均線付近orボリンジャーバンド±2σぎりぎり)にあるか?
②ボリンジャーバンドが広がっているのか・狭まっているのか?

 

ボリンジャーバンド

 

①為替レートがバンドに対して、どの位置にあるか?
為替レートが+2σを越えたら売り、-2σを越えたら買い」という判断をするのが一般的です。
±2σの中に、為替レートは約95%の確率で収まるので、逆張りの参考となるテクニカル指標として使うことができます。
+2σを越えたら買われすぎ、-2σを越えたら売られすぎ、と判断することができます。

②ボリンジャーバンドが広がっているのか・狭まっているのか?
ボリンジャーバンドが広がっている場合は、トレンドが大きくでている状態です。
反対に、ボリンジャーバンドが狭まっている場合はレンジ相場の状態です。

相場の状態としては3つしかありません。
アップトレンド・ダウントレンド・保ち合い(レンジ)の3つです。

相場は大きく動き、だんだんとレンジに収束していきます。
レンジ相場とは売りと買いが交錯した均衡状態です。

 

最終的に売りと買いのどちらかが勝ち、レンジ▶︎トレンドが生じます。

つまり、ボリンジャーバンドが広がっていったときは、大きなトレンドが生じるサインの1つでもあります。
個人的には東京時間の終わったあと、レンジ相場になり、欧州勢が入ってくる16時頃から生じるトレンドに乗るのが好きです。

 

ボリンジャーバンド

上の図だと、急にボリンジャーバンドが開いている事が分かりますね。
これはダウントレンドが生じたサインです。
もちろん騙しの事もありますが。

こういったトレンド発生を見分けるには、ボリンジャーバンドの「上」「下」のバンドの幅に着目するといいです。
「上」「下」のバンド幅が狭くなってきたということは、値動きがだんだんと小さくなってきたということになります。

こういう時は、相場のエネルギーが蓄積されていって、上か下どちらかに大きく動く可能性が高いです。
ボリンジャーバンドの収縮は必ずしも「暴騰」「暴落」のサインとまではいえないかもしれませんが、何かありそうだと身構えておいた方がいいかもしれません。

 

ボリンジャーバンドはうまく使うと、相場の状態をうまく把握できるので、非常に役立つテクニカル指標です。

うまく使って、トレードの精度を高めていきましょう♪

↓↓当サイトで最も読まれている人気記事↓↓
田畑昇人のおすすめFX会社

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加