田畑昇人のFXブログ

【書評】落合博満「采配」

書評   

【書評】落合博満「采配」

元中日ドラゴンズの落合監督。

%e8%90%bd%e5%90%88%e7%9b%a3%e7%9d%a3

落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年12月9日 – )は、日本の元プロ野球選手(内野手。右投右打)、中日ドラゴンズ第29代監督。2013年シーズンオフからは中日ドラゴンズのゼネラルマネージャー(GM)。
選手時代は1979年から1998年にかけてロッテ・オリオンズ、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ(巨人)、日本ハムファイターズに在籍し、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を達成。2004年から2011年まで中日の監督として指揮を執り、すべての年でAクラス入りを果たし、4度のリーグ優勝、1度の日本一を達成。

—Wikipediaより抜粋

現役時代には、3度も三冠王を達成し、中日の監督としては4度のリーグ優勝、1度の日本一を達成。

独自の監督の理論は、ドランゴンズにかけて「オレ流」とメディアでは呼ばれ、中日ドラゴンズを常勝チームに育て上げたのでした。

スポーツの世界でも、ビジネスの世界でも、投資の世界でも、勝負に対する姿勢や心構えは非常に参考になりました。

そんな落合監督の書籍「采配」を読んだので、書評を書いておきます。

采配

采配

posted with amazlet at 16.10.09
落合博満
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 16,020

 

印象に残ったこと

・孤独に勝たなければ勝負に勝てない

「一人で過ごすのは好きだけれど、孤独には耐えられない」
これが最近の若い選手に対する私の印象だ。

自分の時間は一人で過ごしたい。グラウンド(仕事)では「どうすればいいですか」という頼りない視線を向けてくる。

それでは困る。自分一人で決めなければならないのだ。
一瞬の勝負に、長々とアドバイスしている時間はない。

孤独に勝てなければ、勝負に勝てないのだ。

 

・前向きにもがき苦しめ

前向きにもがき苦しむ経験は、すぐに結果に結びつかなくても、必ず自分の生きる力になっていく。

 

・不安だから練習する。練習するから成長する。

1年でも長くユニフォームを着ていたいのなら、休むということは考えちゃいけないよ。
「不安もなく生きていたり、絶対的な自信を持っている人間などいない」

不安だから練習をするのである。

・「心技体」ではなく「体技心」
ビジネスマンであれ学生であれ、仕事や勉学に打ち込む時には、体力が必要だ。
仕事をしていく体力は、まず必要である。

そして、技術を持っている人間は心を病みにくい。
技術を身に着ければ、自信を得ることができる。

体・技の順序で強くなれば、心もタフになっていく。

 

・明日の「予習」ではなく、今日経験したことの「復習」がすべて

社会に出たら、要領の良さだけでは生きていけない。
予習はいらないが、徹底した復習が必要だと思っている。

飲み込みの早い人は、忘れるのも早い。
飲み込みの遅い人ほど、一度身に着けた技術を安定して発揮し続ける。
それは、自分自身が不器用だと自覚している人ほど、しっかりとした復習をするものだからである。

 

・大きな成果を得るためには一兎だけを追え

「二兎を追う者は一兎をも得ず」
自分の目標を達成したり、充実した生活を送るためには、必ず一兎だけを追い続けなければならないタイミングがある。

 

・一流には自力でなれるが超一流には協力者が必要

「一流の領域までは、自分一人の力でいける。でも、超一流になろうとしたら、周りの協力者が必要になる」

・「負けない努力」が勝ちにつながる
投手力を中心とした守りの安定感で勝利を目指す戦いを続けてきた。
投手力はある程度計算できるが、打撃力は「水もの」だからだ。

勝てないときは、負けない努力をするんだ。
試合は「1点を守り抜くか、相手を0にすれば負けない」のだ。


負けない努力は、勝ちにつながるのだ。

 

・ミスは叱らない。だが手抜きは叱る。

野球というスポーツは、打者なら打率3割をクリアすれば一流だといわれる。
3割の打者とは、10回打席に立ったら、7回は凡打に打ち取られているということだ。
選手はミスを恐れずにプレーすることが求められる。

活躍したいと思うのなら
1.できないことをできるようになるまで努力し
2.できるようになったら、その確率を高める工夫をし
3.高い確率でできることはその質をさらに高めていく

この手順を踏まなくてはならない。
「ミス」は責めない。しかし、ミスをした選手で同じミスをしないように無難なプレーしかしなくなってしまうのは、それも問題である。

何も反省せずに失敗を繰り返すことは論外だが、失敗を引きずって無難なプレーしかしなくなることは成長の妨げになるのだ。

選手を叱るのは、ミスをした時ではなく、「手を抜いた」時だ。
自分のできることをやらなかった時は、叱るようにしている。

注意しなければ気づかないような小さなものでも、「手抜き」を放置するとチームには決定的な穴があく。

 

・自分で考え、動き、成長させる

「自分を大成させてくれるのは自分しかいない」
「100回バットを振ったやつに勝ちたければ、101回バットを振る以外に道はない」

 

・オレ流ではない。すべては堂々たる模倣である。

自分がいいと思うものを模倣し、反復練習で自分の形にしていくのが技術。
模倣とはまさに、一流選手になるための第一歩なのだ。

采配

采配

posted with amazlet at 16.10.09
落合博満
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 16,020
  • このエントリーをはてなブックマークに追加